メルセデス・ベンツCクラスC200-W204のステアリングロックELV交換

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204のステアリングロックECU/ELV交換

管理人のメルセデス・ベンツCクラスC200-W204は登録から10年を超え、ついに電装系に不具合が出てきました。

と言うのも、W204のエンジン始動性が2021年の秋頃から怪しくなってきたのです。

と言っても、バッテリーが弱っているわけではありません。原因は別。

W204のステアリングコラムにステアリングロックECU(以下、ELV)が装着されています。このELVにモーターが内蔵されていて、ステアリングをロック&アンロックする構造。

経年劣化によりELVの動作が怪しくなってくると、最終的にエンジン始動不可となります。

出先でエンジン始動が不可になると、お話にならないのは言うまでもありません。

そこで今回、いつもの整備工場にW204のELV交換を依頼しました。合わせて、カムアクチュエーターハーネス対策品の装着とエアコンリフレッシュも依頼しました。(詳細は後ほど。)

ステアリングロックECU/ELV交換

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204のステアリングロックECU/ELV交換

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204は故障が少なく、出来がいいメルセデスとして知られているモデル。しかし、W204のアキレス腱とも言えるパーツは「ステアリングロックECU(ELV)」。

ELVはステアリングコラムの奥に設置されているパーツ。以下はELV交換作業中の写真。

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204のステアリングロックECU/ELV交換

経年劣化によりELVの動作が怪しくなってくると、以下の現象が発生します。

・エンジンStart時、ELVモーターの回転音が弱々しい。

・エンジンOff時、ELVから大きめの「ガチャ」という異音が出る。

・エンジンスタートボタンを押しても、セルモーターが反応しない時がある。

もし、W204オーナーが以上の症状を感じていたら、早めのELV交換をおすすめします。

もし、自走式の立体駐車場でW204のエンジン始動ができないとなると、もう最悪。レッカー業者にレスキューを依頼しても、作業が難航するのは想像に難くありません。

そこで、今回、余命がわずかに迫っているW204のELV交換を実施。言わば、予防整備。ELVの交換作業は、いつもの「グリースモンキー」さんに依頼しました。

※ちなみに、管理人のW204のエンジンスタートボタンを外し、リモコンキーを差し込んで回してエンジン始動も可能。

ELV

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204のステアリングロックECU/ELV交換
ELV交換
メルセデス・ベンツCクラスC200-W204のステアリングロックECU/ELV交換
メルセデス・ベンツCクラスC200-W204のステアリングロックECU/ELV交換

ELVの交換作業には、専用テスターによるプログラミングが必要。メルセデス・ベンツの電装系修理にはテスターによるコーディングやプログラミングが必要となるため、もはやDIYではお手上げの時代。

ちなみに、ELVの交換費用については検索すれば、概算金額がヒットします。気になる方はググってください。

今回、ELV交換を依頼した整備工場の詳細はこちら。

GREASE-MONKEY/グリースモンキー

カムアジャスター・ソレノイド用オイル漏れ対策ハーネス装着

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204用カムアクチュエーターハーネス対策品を装着

エンジンオイルがインベーダーと化し、ECUを攻撃

W204の2つめの定番トラブルはエンジンオイルがエンジンコントロールユニット(以下、ECU)に入り込み、場合によってはエンジンチェックランプが点灯。最悪、ECUがご臨終になるトラブル。

かつて、CクラスのW203でも同様のトラブルがあったようで、W204にモデルチェンジしても改善されていないとは・・・

このトラブルの流れはこちら。

・カムアジャスターのマグネットスイッチのコネクターよりエンジンオイルが滲み出る。

・エンジンオイルがじわじわとECUに繋がっているハーネス内部に浸透していく。(毛細管現象)

・エンジンオイルがECUに到達。最悪、ECUがご臨終。

例えるならば、エンジンオイルがインベーダーと化し、ECUをじわじわと攻撃していくイメージ。

もし、ECUが壊れたら、ECUとメインハーネス一式の交換費用はいくらなんだろう?まあ、10万や20万円では済まないでしょう。

対策ハーネスを装着

W204 C200に搭載されているエンジン形式はM271。

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204用カムアクチュエーターハーネス対策品を装着
メルセデス・ベンツCクラスC200-W204用カムアクチュエーターハーネス対策品を装着
メルセデス・ベンツCクラスC200-W204用カムアクチュエーターハーネス対策品を装着

エンジンオイルのインベーダー攻撃対策として、対策ハーネスが用意されています。対策ハーネスの価格は1本5,000円前後。W204のM271エンジンならば、2本必要で10,000円前後。

他の該当車両

他にM271エンジンを搭載するメルセデス・ベンツを以下に列挙しておきます。(W203は割愛。)

・Cクラス C180ブルーエフィシェンシー(W204, S204)

・Cクラス C250(W204, S204)

・CLK200 コンプレッサー

・SLK200 コンプレッサー

・E250 CGIブルーエフィシェンシー

その他、M271エンジンを搭載するメルセデスが存在すると思います。気になるオーナーは車検証でCheck it out.

エアコンリフレッシュ

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204-エアコンリフレッシュ

上記の整備にプラスして、グリースモンキーさんにエアコンガスのチェックを依頼しました。

点検結果として、エアコンガスが若干減っているとのこと。自然蒸発のようです。そこで、エアコンガスのリフレッシュメニューのご提案を受けました。

2000年代に入り、地球温暖化の影響なのか、日本の夏の外気温が35℃以上の猛暑日がデフォルトと化し、40℃以上を記録する地域もあります。

夏季、アスファルトの表面温度は60℃超。

もはや、エアコンが正常に機能しない自動車は要緊急修理、あるいは、鉄屑と化す時代。

そんなことで、合わせてエアコンリフレッシュ作業を依頼しました。

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204-エアコンリフレッシュ

冷たい空気がエアコン吹き出し口から出ています。

最後に

W204やS204に惚れているオーナーや買い替え予定が無いW204オーナーは今回の整備を強く推奨しておきます。

・ステアリングロックECU/ELV交換

・カムアジャスター・ソレノイド用オイル漏れ対策ハーネスの装着

他にも、M271エンジンが搭載されているメルセデス・ベンツは全て該当します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク