なぜ欧州車のホイールはボルト固定式なのか?ナット固定式との違い

メルセデスAMGアルミホイール

自動車のタイヤ&ホイールの脱着で気になる点。

それは、欧州車と日本車を比較すると、多くの欧州車のホイールはボルト固定式。対する、日本車のホイールはナット固定式。

管理人がリサーチした限りでは、各自動車メーカーによりボルト固定派とナット固定派に分かれます。

ボルト固定派

メルセデスAMGアルミホイール

ボルト、Bolt

ドイツ

メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、MINI、VW、オペル、ポルシェ

フランス

ルノー、プジョー、シトロエン

イタリア

フィアット、ランチャ、アルファロメオ、フェラーリ、ランボルギーニ

スウェーデン

サーブ

ボルト固定式のメリット、デメリット

メリット

・ボルト径を太くすることで、ホイールとハブの締結力が上がる。

デメリット

・ホイール脱着の際、作業性の低下。

ナット固定派

ナット/ Nut

日本

トヨタ(DB型スープラはボルト固定式を採用)、日産、ホンダ(NC型NSXはボルト固定式を採用)、マツダ、三菱、スバル、ダイハツ、スズキ

※一部のLEXUS ISはボルト固定を採用。

レクサス製品企画、主査の小林氏のお話によりますと、ホイールの締結方法をナットからボルト化し、ボルトサイズを上げることでハブとの締結力が向上。

この変更により、LEXUS ISの高速域でのステアリングの応答性が向上しているそうです。

英国

ジャガー、ランドローバー、ローバー

アメリカ

GM、フォード、クライスラー

スウェーデン

ボルボ

※もし、間違いがあれば、当ページ下段のコメント欄に書き込んで送信してください。

ナット固定式のメリット、デメリット

メリット

・ホイール脱着の際、作業性がいい。

デメリット

・ハブにボルトが固定されているため、ボルト径の変更不可。

ホイールの固定方法

ボルトとナット/ Bolt and Nut

かねてより、ホイールの固定方法について様々な意見が飛び交ってきました。

「ナット固定式でトルクレンチで管理すれば問題無い」

「ボルト固定式は整備性が良くない」

「ナット固定式、ボルト固定式は各メーカーの歴史的な流れ」

などの声がありました。

ホイールとハブの締結力を上げるためには、ボルト固定式を選択し、ボルトサイズを上げることが重要なようです。

これにより、高速走行中のステアリングの正確性と応答性が向上し、よりリニアなハンドリングが得られる理屈。

今後、IS以外のLEXUSにも、ホイールのボルト固定化が進むのか注目されます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク