メルセデス・ベンツのDIYコーディングは自己責任-落とし穴あり

メルセデス・ベンツCクラスC200 CGI スピードメーター

Googleで

[ベンツ コーディング]

[BMW コーディング]

[アウディ コーディング]

と検索すると、なかなか興味深いページがヒットします。

オーナーが愛車のコーディングに駆られた場合、欧州車の専用テスターを所有し、使いこなしている整備工場にコーディングを依頼するのであれば、それは、問題が無いと思います。

しかし、自分でDIYコーディングは本当、自己責任の世界。

今回はメルセデス・ベンツのコーディングについて呟いてみたいと思います。

コーディング内容

メルセデス・ベンツのコーディングを積極的にPRしている某整備工場のオフィシャルサイトを閲覧すると、様々な設定変更が可能のようです。

・TVキャンセル

・デイライト・コーディング

・デイライト光量調整

・デイライトスイッチON, OFF

・レブリミッター解除

・ポジションランプ連動

・ウインカー点滅間隔の変更

・ワンタッチウインカーの点滅回数の変更

・オートライトセンサー感度調整

・アイドリングストップの無効化

・ECOモードのプライマリー化

・スピードリミッター変更

・ターボブースト変更

他にも、事細かく各種設定の変更が可能なようです。

メルセデス・ベンツの電装系はモデルチェンジの度に高度化、複雑化し、今や人体の神経系の様相を呈しています。

これらの各種コーディングの中で、個人的には、アイドリングストップの無効化は選択肢の1つだと思います。アイドリングストップは諸問題があるので。

DIYコーディングのリスク

オーナーがDIYでメルセデス・ベンツのOBD2に電子機器を接続し、コーディングしたところ、カーナビが故障したり、メーターパネルに警告灯が点灯したり、様々なトラブルが報告されています。

中には、DIYコーディングにより、電装系を物理的に破壊してしまうケースもあるようです。

この場合、正規ディーラーに駆け込んだところで保証対象外となり、自腹で修理依頼となります。

電装系の各ユニットを丸ごと交換となると、かなりの費用がかかるのは想像に難くありません。

もちろん、問題無くDIYコーディングが完了しているオーナーもいることでしょう。

DIYコーディングはオーナーの好み次第で自由にカスタムできる楽しさがある反面、リスクを抱えている作業。DIYコーディングは諸刃の剣的な要素のある、大人の趣味ではないでしょうか。

DIYコーディングの心得

・全て自己責任

・正規ディーラーで入庫を断られる可能性

・車に不具合が発生したら自腹で修理

コーディングに対する考え方

コーディングに対する考え方はオーナーそれぞれ。

ノーマル状態がベストと考えるオーナーもいれば、この機能だけは、コーディングでカスタマイズしたいと考えているオーナーもいるでしょう。

そして、カスタム派は、自分の好みでDIYコーディングを選択となります。

コーディングの選択肢

コーディングに対する選択肢は3つ。

・コーディングに手を出さない

・メルセデス・ベンツに精通している整備工場にコーディングを依頼する

・カスタム派は自己責任でDIYコーディング

整備工場に車両のコーディングを依頼する場合、ノウハウを蓄積している業者に依頼したいものです。

スポンサーリンク