ミニバン,1BOX,軽自動車は新東名高速道路で100km/h以下で走行すべき

新東名高速道路

2019年3月1日、新東名高速道路の「新静岡IC~森掛川IC」間の最高速度が110km/hから120km/hへ引き上げられました。

最高速度120km/hの対象車両は125cc超のバイク、普通自動車、中型乗用自動車(マイクロバス)、大型乗用自動車(大型バス)、準中型自動車、中型貨物自動車。

そして、大型トラックやトレーラーの最高速度は80km/hに制限されています。

「新静岡IC~森掛川IC」の区間は、普通車と大型トラックの速度差が40km/hということもあり、より慎重な運転がドライバーに求められるようになりました。

管理人は高速道路の最高速度の引き上げに対して、諸手を挙げて賛成の立場を取る一人。それと同時に、ドライバーがどのような車両を運転するかによって、車線の使い方と運転モラルが問われる時代に突入したと思うのです。

では、「新静岡IC~森掛川IC」区間の車線の使い方と運転モラルについて呟いてみたいと思います。

新東名高速道路の車線の使い方

新東名高速道路

新東名高速道路は片側2車線と3車線が入り混じっています。

新東名高速道路を走行中、3車線ならば、一番左の車線が「第一通行帯」。その右側が「第二通行帯」。一番右側の車線が「第三通行帯」で通称、追い越し車線と呼ばれます。

大型トラックとトレーラーは第一通行帯、または第二通行帯の走行が基本。中型や小型トラックでも同様だと思います。

そして、ミニバン、1BOX、軽自動車も第一通行帯、または第二通行帯の走行が適切だと思うのです。これには、2つの理由があります。

軽自動車

売れ筋のハイト系、軽自動車の車重は800~900kg台。そして、軽自動車のエンジン排気量は660cc以下。もちろん、NAとターボモデルでは、動力性能に違いがあります。

ハイト系、軽自動車の全高は1,650mm前後から、トール系ともなると1,800mm前後に達します。軽自動車の全幅は1,480mm以下のため、当然、背高ノッポのボディ形状は物理的に不安定なのです。

ハイト系の軽自動車はボディの空気抵抗が大きく、100km/hあたりから120km/hまで加速させるためには、アクセルペダル全開でも、かなり時間がかかります。

まとめますと、人気のハイト系、軽自動車は次のような傾向が強くなります。

・軽自動車としては車重が重い

・全高と重心が高いため不安定

・全高が高く空気抵抗が大きい

・車重に対してエンジンパワーが非力

NAエンジンを搭載する軽自動車の最高速度は130km/hあたり。ターボエンジンを搭載する軽自動車でも、最高速度は140km/hあたり。

この時、エンジンは唸り、風切り音が増大します。

軽自動車で120km/h走行は不可能ではないものの、ほぼ軽の限界速度。つまるところ、軽自動車で120km/h巡航は無理があり、第三通行帯の走行は円滑な車の流れを乱す原因になります。

軽自動車は第一通行帯、または第二通行帯の走行を厳守すべきだと思います。

ミニバン、1BOX

ミニバンや1BOXは当然ながら全高が高く、ミニバンの全高は約200cm弱、TOYOTAハイエースの全高はモデルによって220cmを超えます。

全高が高い車両は重心が高く、高速安定性が低くなります。ミニバンや1BOXのステアリングを握った経験があるドライバーはご存知のように、高速道路を走行中、強風に煽られると車体が簡単に左右へもっていかれます。

これは、電子制御でどうにかなる問題ではありません。

管理人は、ミニバンや1BOXが新東名高速道路の追い越し車線を飛ばしていくシーンを何度も見ています。これは、かなりリスクが高く、危険なのです。

やはり、ミニバンと1BOXは第一通行帯、または第二通行帯の走行が適切だと思うのです。

新東名高速道路で100km/h以下で走行すべき車両

新東名高速道路

軽自動車

管理人は軽自動車のステアリングを握り、高速道路を走行した経験があります。結論からすると、軽自動車は高速道路が苦手なのです。本当、無理があります。

軽自動車で100km/h巡航中、上り坂にさしかかると見る見る車速が低下していきます。これは、後方の渋滞を招いてしまいます。

そこで、軽自動車のドライバーは上り坂が視界に入ってきたら、積極的にアクセルペダルを奧まで踏み込む必要があります。そして、車体が強風にあおられると、車体が不安定になります。

とにかく、軽自動車で100km/hを維持するためには、ドライバーの運転操作は忙しくなります。増してや、その20%増しの120km/hともなると、軽自動車の巡航速度ではないのです。

日産デイズルークスで120km/h走行

エンジンが唸り、風切り音がかなりキャビンに入ってきます。

新東名高速道路の「新静岡IC~森掛川IC」間の最高速度が120km/hであっても、軽自動車の巡航速度は100km/h以下が適切だと思うのです。

ミニバン、1BOX

前述のように、ミニバンと1BOXは全高が高くて横風に弱く、不安定な乗り物。ちょっとしたハンドル操作のミスで車体のバランスが崩れてしまい、大事故を招いてしまいます。

ミニバンの大事故

動画の黒いミニバンのドライバーは脇見運転、あるいは居眠り運転なのか、車体のバランスが崩れ、第一通行帯の車に接触して横転する大事故に。

1BOXの大事故(視聴注意)

動画の白い1BOXは明らかな速度超過。路面はウエット。

右カーブに差し掛かり、ドライバーがステアリングを右に操作した瞬間、車体のバランスが崩れて蛇行運転が始まり、ドリフト状態でコントロール不能に。

1BOXの乗員が車外へ放り出されています。視聴注意。

これらのYouTube動画からも分かるように、ミニバンと1BOXはわずかな運転操作ミスで簡単にバランスを崩してしまう車両。もし、全高が低いセダンやワゴンならば、事故を起こさなかったかもしれません。

全高が高くて重心が高い車両は、わずかなステアリング操作でも車体がロールしやすくなります。

ミニバンや1BOXが高速道路を走行中、一旦、左右方向の荷重変化(ローリング)が発生すると、シーソーのようなロール方向の動きが始まり、ドライバーの運転操作ではコントロールできなくなる危険性をはらんでいます。

新東名高速道路の「新静岡IC~森掛川IC」間の最高速度が120km/hであっても、ミニバンと1BOXの巡航速度は100km/h以下が適切ではないでしょうか。

まとめ

ドアミラー

新東名高速道路の「新静岡IC~森掛川IC」間の最高速度が120km/hへ引き上げられたのは、日本の高速道路の歴史上、大きな変革。100km/h呪縛の重い鉄の扉が開き、高速移動時代の到来です。

そして今後、120km/h区間が拡大されていく可能性があります。

120km/hの新時代を迎えたものの、軽自動車という日本独自のドメスティックな規格が存在する以上、軽自動車のエンジン排気量は660cc以下に規制されています。

現行の軽自動車規格では、120km/h巡航は無理があり、全高の高いトール系の高速巡行は安全とは言い難いものがあります。

今後も軽自動車の排気量規制が660ccのまま続くのか、それとも高速移動の時代を鑑み、排気量とボディサイズ拡大の検討が進むのかは知る由もありません。ただ、これは軽自動車メーカーと登録車メーカーの棲み分け関係があり、一筋縄ではいかない問題。

そして、ミニバンと1BOXは重心が高いという物理的な問題があるため、全高が高い車両の120km/h巡航はリスキーだと考えるのは管理人だけではないと思います。

もちろん、高速道路の最高速度が120km/hであっても、必ずしも120km/hで走行しなければならないわけではありません。100km/h以下で第一、または第二通行帯を走行してもいいのです。

2019年3月、高速移動時代の幕開けとなり、ドライバーは交通の流れを乱さない車線の使い方と高い運転モラルが求められるようになりました。それと同時に、高速ドライビングスキルも求められています。

管理人も含めて、120km/h区間を走行する際、より周囲の車両の流れに注意を払いながら、改めて交通マナーとは何かを考えたいものです。

[関連記事]

高級セダンのメルセデス・ベンツやBMW,アウディと高級ミニバンの20系,30系アルファード&ヴェルファイアを比較して、どっちが高級車?ドイツ車の高級セダンと和製高級ミニバンの乗り心地の違いは?ヒントは全ての物体には物理の法則が働いているのです。
新東名高速道路の一部区間で最高速度が120km/hへ引き上げられました。2017年11月1日、新東名高速道路の一部区間で110km/hの試験運用がスタート。120km/h時代がスタートし、より高速移動が可能に。ただ一部車種は100km/h以下の速度が望ましいと思われます。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク