車を売る前に車買取&一括査定の注意点-セルカ&ユーカーパックの特徴

オークション

車を買い替える際、愛車をディーラーや中古車販売店へ下取りに出すか、車の買取、車一括査定業者に依頼する方法があります。他に、ヤフオクを利用する個人間売買もありますけど、トラブルもあり、素人には敷居が高い世界。

ディーラーや中古車販売店でどのような車を買い、どのような愛車を下取りに出すかで、下取り価格は千差万別。

概ね、車の買取や車一括査定業者に依頼した方が有利な条件で車を売却できる可能性があります。しかし、車の買取や車一括査定業者に依頼するのが必ずしもベストな車の売り方とは言えません。

どの業者を利用して車を売却するかで、それぞれ特徴があるからです。

そこで、注目を集めている車の売り方と従来の売却方法について情報を整理してみたいと思います。

注目の車の売り方、SellCa/セルカ&ユーカーパック

車を売却する方法は従来から4つあります。

そして、5つめの車を売却する方法が「オークション形式の車査定サービス」。

それが、SellCa/セルカ

SellCa/セルカは、今までの車買取や車一括査定とは違うことから、注目を集めているオークション形式の車査定サービス。こちら。

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

そして、ユーカーパック

ユーカーパックも同様、今までの車買取や車一括査定とは違うことから、注目を集めているオークション形式の車査定サービス。セルカとユーカーパックの基本的な車を売る仕組みは同じです。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

車を売るためにはいくつかの方法がありますから、情報を整理していきましょう。

車を売却する方法は4つ

マツダ、カーディーラー

オーナーが車を手放す理由はそれぞれ。頭に浮かぶのは、このような理由ではないでしょうか。

・新車に乗り換える

・中古車に乗り換える

・転勤や転職が理由で車を手放す

・車の必要性が低くなったため手放す

新車や中古車に乗り換えるために、今の愛車を売却するのはよくある話。

それ以外に、転勤や転職で今の車が不要になる場合もあります。地方圏から大都市圏へ引っ越す場合、公共交通機関が発達しているため、車を所有していると却ってお荷物に感じる人もいるでしょう。

また、車に乗る頻度が少ないオーナーや生活環境が変わって、あまり車に乗らなくなってしまう場合もあるでしょう。

車を売る理由は様々ながら、車のオーナーであれば、将来いつか愛車を手放す日がやってきます。

そこで、車を売る方法は大きく4つ。

車を売るには

・ディーラーや中古車販売店に車を下取りに出す

・車の買取店で車の査定を依頼

・車の一括査定業者に車の査定を依頼

・個人間売買

車を売る方法は以上のように大きく4つ。車の売り方によって、それぞれメリットとデメリットがあります。

買取価格 売却の手間 売却の時間
ディーラーや

中古車店へ

下取り

★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★★
車買取店 ★★★☆☆ ★★★★ ★★★★
車一括査定 ★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆
個人間売買 ★★★★ ☆☆☆☆ ★★☆☆☆

車を売る際、手間がかからない方法は車の買取価格が安く、手間がかかる方法は車を高く売れる可能性があります。

の数はイメージです。

中古車は生鮮食品に似ている

食卓に上る野菜や果物、魚介類の価格は需要と供給、季節、気候変動による収穫量や豊漁、不漁等の諸条件によって上下します。

中古車の価値はごく一部を除いて、新車登録から下がっていきます。

中古車の需要と供給のバランス、走行距離やコンディション、ボディカラー、グレード等によって中古車の価値は1台ずつ異なります。中古車の買い取り業者は、各中古車に対する値踏みが当然異なりますから、買取価格に違いが生じます。

そもそも、耐久消費財の中で車は高額商品。

中古車のニーズが存在するからこそ、中古車売買の市場が成り立っています。各中古車の価値は需給バランスによって変動しますから、中古車買い取り業者が提示する買取価格は鉛筆なめなめ的な要素をはらんでいると言えるでしょう。

ディーラーや中古車販売店へ下取りに出す

メリット:手間がかからない

×デメリット:下取り価格が安い傾向

ディーラーや中古車販売店で次の車を検討しながら、愛車を査定してもらいます。その後、担当者が次に購入する車の見積金額と愛車の下取り金額を提示してくれます。最終的に自分が納得できる金額が出たら、それで商談が成立します。

次の車が納車されるまで、今の愛車に乗り続けることができます。

感覚的には車の売却というより、車を入れ替えるために全て自動車販売店にお任せするスタイル。

愛車の下取り金額が安くてもいいから、手間をかけないで確実に愛車を売却したいのであれば、ディーラーや中古車販売店に愛車を下取りに出すのはラクと言えます。

なお、購入する車の値引き額が渋くても、下取りの買取価格を上げてくれるケースもあるため、一概にディーラーや中古車店は下取り価格が安いわけではありません。

車買取店

メリット:下取りより高く売れる可能性

×デメリット:少々、手間がかかる

車の買取店は当然、店舗によって提示する買取価格に違いがあります。自分が納得できる査定価格が出るまで、複数の店舗で愛車の査定を受ける必要があります。

車を買い取る業者は多かれ少なかれリスクを伴いますから、人気のある売れ筋の車には高い買取価格を付けることが可能な場合もあれば、いくら愛車の程度が良くても不人気車種ともなれば、買取価格は安くなります。

交渉の末、車の買取店が提示する価格に納得できれば、すぐにでも売却は可能です。

ただ、車の買取価格は時間の経過と共に変わっていくため、買取業者は早め(せめて1ヶ月以内)の売却を条件として提示するでしょう。

その場合、車を売却してから、次の車が納車されるまで足が無いと困る人も多いと思います。買取業者によっては、代車を用意してくれることもあります。

車一括査定

メリット:車買取店より高く売れる可能性

×デメリット:業者対応に手間がかかる

車一括査定のメリットは車を高く売れる可能性があるところ。

車一括査定業者のWebページにアクセスして、個人情報と愛車情報を入力すると、提携している中古車買い取り業者にその情報が伝わります。

その後、複数の中古車業者から電話がかかってきて、各業者が査定価格を提示してきます。複数の業者とやり取りをしながら、一番高く買い取ってくれる業者を決めるシステム。

車一括査定はとにかく、できるだけ愛車を高く売りたいと、やる気満々のオーナーにマッチする売却システムかもしれません。

仕事上、交渉経験が豊富な人ならば、業者さんとの交渉は苦にならないかもしれません。他方、人によっては業者の対応が大変で面倒に感じるかもしれません。

また、車の査定価格は変動するため、自分が納得できる買取価格で売却を決めたら、速やかに車を手放す必要があります。

ネット上で、車一括査定に関するネガティブな意見が見られますけど、これは決してグレーな取り引きではありません。車一括査定は、車を高く売りたい人と中古車買い取り業者を結びつけるためのシステムの一つ。

スマホの普及とネットによる一括査定システムにより、自分が査定業者を1件1件、探す手間が無くなったメリットがあります。

副作用として、車という高額な商品を売り買いする現場ですから、業者との電話対応や買取業者がヒートアップする場面があっても不思議ではありません。

もし、50万、100万、200万という高額商品の売り買いの折衝が得意ではない人は、別の方法で車を売却した方がいいかもしれません。

個人間売買

メリット:高く売れる可能性

×デメリット:トラブル発生の可能性

ヤフオク!に代表されるオークションで車の売り買いが可能な人は車業者、または割り切っている人、落札した車の整備が可能な人等、ある程度、限定的かもしれません。

ヤフオク!で車を売却する人は、落札価格に対して一定の手数料をヤフオクに支払うだけで、他の仲介業者が入るわけではありません。よって、マージンを節約できます。場合によっては、高値で車が落札される可能性もあります。

他方、ヤフオク!では、車の名義変更や支払いに関するトラブルがゼロではないようです。

ヤフオク!で車を売却しても、名義変更がそのままでは、毎年の自動車税の請求が自分に送られてきてしまいます。また、支払いのトラブル解決には労力がかかることもあり、一筋縄ではいきません。

多くの人は車の売り買いに関して素人。素人は個人間売買は避けるのが賢明ですし、管理人は車の個人間売買はお勧めしません。

以上のように、車の売り方によってメリットとデメリットがあります。

そこで、

これら従来型の車の売却方法に加えて、言わばいいとこ取りをした車の売却方法が冒頭に出てきた「SellCa/セルカ」、そして「ユーカーパック」が提供するオークション形式の車査定サービスです。

オークション形式の車査定サービス、SellCa/セルカ、ユーカーパック

セルカとユーカーパックは車一括査定とオークションのメリットを合体したような車査定サービス。

先ほどの表にセルカとユーカーパックを加えましたので比較してみてください。

買取価格 売却の手間 売却の時間
ディーラーや

中古車店へ

下取り

★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★★
車買取店 ★★★☆☆ ★★★★ ★★★★
車一括査定 ★★★★

(交渉力次第)

★★★☆☆ ★★★★
個人間売買 ★★★★ ☆☆☆☆ ★★☆☆☆
セルカ:

オークション

形式の車査定

★★★★☆ ★★★★★ ★★★☆☆
ユーカーパック

オークション

形式の車査定

★★★★☆  ★★★★★ ★★★☆☆

の数はイメージです。

買取価格の列で★★★★★が無い理由として、買取価格は流動的だからです。一概にこれが一番の買取価格とは言えない背景から★4つとしました。

オークション型の車売却サービスと車一括査定の比較、違い

セルカ

ユーカーパック

車一括査定
サービス内容 オークション型

車売却サービス

複数の買取店

に査定依頼

査定方法 提携業者にて、

出張査定

出張査定
買取店の数 2000~6000 8~30
買取店の規模 小~中規模

(ディーラー系

を含む)

小~大手
営業電話 1回 数多い
買取価格 ★★★★☆ ★★★★☆

(交渉次第

で優位)

売却期間 10日~2週間

以上

当日も可能

SellCa/セルカ、ユーカーパックの大きな特徴

SellCa/セルカやユーカーパックで査定を依頼してから車を売る流れは次のとおりです。

【1】セルカやユーカーパックのWebページで個人情報と愛車情報を登録。

【2】提携業者や出張査定で、愛車を査定してもらう。

【3】提携の車買取業者が査定情報をベースに買取価格を入札。

【4】オークション形式で査定額が吊り上がる。

【5】最終的に自分が決めた業者に車を売却する。

【6】セルカやユーカーパックから自分の口座に入金される。

従来の車一括査定で車を売ろうとすると、複数の中古車買い取り業者から電話がかかってくるため、対応が大変で面倒に感じる人もいるはずです。

その点、セルカやユーカーパックで車の査定を受ける場合、複数の中古車買取業者から電話がかかってくることはありません。

営業電話の本数

セルカ、そしてユーカーパックからの電話のみ。

「セルカ」の特徴はこちら。

査定は1回

(セルカと提携している査定取次店が査定。出張査定も可能。)

全国6000社のバイヤーによるオークション形式

(ディーラー系中古車販売店を含む)

セルカが金銭授受の間に入る

個人情報は2社のみに公開される

(セルカ株式会社と車買取店1社)

トラブル発生時、セルカがサポート対応

「ユーカーパック」の特徴はこちら。

査定は1回

(ユーカーパックと提携している査定取次店が査定。出張査定も可能。)

全国2000社のバイヤーによるオークション形式

ユーカーパックが金銭授受の間に入る

個人情報は2社のみに公開される

(UcarPAC株式会社と車買取店1社)

トラブル発生時、ユーカーパックがサポート対応

オークション形式の車査定サービスのデメリットとして、

・車が売却できるまで、10日から2週間以上は必要。

・査定額が車一括査定より低くなる可能性。

まとめますと、オークション形式の車査定サービスである「セルカ」や「ユーカーパック」はこのような人に向いています。

オークション形式の車査定サービスが向いている人

・複数業者との電話対応が面倒。

⇒ 対応する時間的な余裕が無い。

・複数の中古車買取業者の査定を受けるのは煩わしい。

⇒ 何度も愛車の査定を受けるような時間的な余裕が無い。

・複数の中古車買取業者との交渉が煩わしい。

⇒ 車一括査定の業界で囁かれる押し買いが無い。

・最高値で車が売れなくてもいい。

⇒ 業者対応にかかる手間と時間を考えたら、愛車が最高値で売れなくてもいい。

オークション形式の車査定サービス、SellCa/セルカ&ユーカーパック

とにかく、愛車を最高値で売りたいのであれば、交渉力次第では、車一括査定が優位と言えるでしょう。しかし、車を最高値で売るためには、各業者との個別交渉、査定が必要になるため、手間と時間がかかります。

とにかく煩わしい価格交渉や手間をかけないで、車を下取り価格よりは高く売りたいオーナーでしたら、オークション形式の車査定サービス、SellCa/セルカとユーカーパックがマッチするかもしれません。

詳細はSellCa/セルカとユーカーパックのオフィシャルサイトにて。バナーをタップ or クリック。

SellCa/セルカ

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

ユーカーパック

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

低年式車や過走行車でも買取価格が付く可能性

低年式車(登録から10年以上)や過走行車(走行距離10万km以上)の買取価格は安くなります。程度によっては「0円査定」かもしれません。事故車や自走不能車は「0円査定」でしょう。

そこで「0円査定」で納得して諦めますか?

なんとも、もったいないですよ。

低年式車や過走行車は日本国内で価値が低くても、海外では人気があります。また、部品取り車として分解してパーツが売れます。そのような分野を業としている業者があるため、業者にしてみたらお疲れさんの車にも価値があるのです。

低年式車や過走行車でも、買取価格が付く可能性があります。また、事故車や自走不能車を無料回収してくれる可能性もあります。

自分で事故車や自走不能車を処分するとなると、レッカーの手配、廃車手続き等で数万円はかかると見ていいでしょう。

それを考えますと、事故車や自走不能車でもレッカーが無料回収し、廃車手続きまでしてくれる場合もあります。

まとめますと、

・低年式車(登録から10年以上)

・過走行車(走行距離10万km以上)

でも、買取価格が付く可能性があります。

そして、

・事故車や自走不能車

でも、レッカーが無料回収し、廃車手続きまで無料でしてくれる場合があります。

諦める前に、無料査定はこちら。

廃車買取査定

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク