メルセデス・ベンツAクラスA180ハッチバック&セダンW177の魅力

メルセデス・ベンツAクラス-W177

2018年10月、フルモデルチェンジを受けた4代目メルセデス・ベンツAクラス、W177。3代目Aクラスの登場が2012年ですから、6年ぶりのフルモデルチェンジ。

4代目Aクラスの目玉は

・MBUX(メルセデス・ベンツ、ユーザーエクスペリエンス)搭載

・拡大されたボディサイズ

・更にダウンサイジングされた新開発1.4L直列4気筒、直噴ターボエンジン

・7 inchモニター×2 or 7 inch+10.25 inchモニター

Cセグメントにも液晶画面メーターが採用され、今後の欧州車の方向性が垣間見えるような印象を受けます。そして、人と電子機器を繋ぐUI(ユーザーインターフェイス)に新しい技術が投入されているところに注目したい。

メルセデス・ベンツAクラス-W177 Spec.

メルセデス・ベンツAクラス-W177フロント

Mercedes-Benz A-Class – W177

メルセデス・ベンツAクラス

A180ハッチバック(W177)

全長(mm) 4,419
全幅(mm) 1,796
全高(mm) 1,423
車両重量(kg)
ホイールベース(mm) 2,729
最小回転半径(m)
エンジン 1.4L、DOHC直列4気筒

直噴ターボエンジン

内径×行程(mm) 72.2×81.4
圧縮比 10.6
最高出力(PS/rpm) 136/5,500
最大トルク(kg・m/rpm) 20.4/1,460
変速機 7G-DCT
駆動方式 FF
サスペンション F:ストラット

F:トーションビーム

タイヤ 205/60R16
ブレーキ F:ディスク

R:ディスク

燃料タンク容量(L) 43

(出典) メルセデス・ベンツ日本(株)

走る、曲がる、止まる、そして話すAクラス-W177

メルセデス・ベンツAクラス-W177のカタログを開いて、1ページ目のキャッチコピーが目に入ってきました。

それは、「走る、曲がる、止まる、そして話す。」。

よく走って、よく曲がり、よく止まるメルセデスがついに話す時代を迎えました。なんともシンプルかつ的を得ているキャッチコピーに「ハイ、座布団1枚あげて」と言いたくなります。

かつて武骨でお世辞すら言わないジャーマンカーがITとスマホ時代の波に乗り、ついにしゃべり始めました。

今や、ドイツのマイスターは右手に工具、左手にスマホなのでしょうか。

なんともAクラスはiPhoneのSiriっぽくなったものです。

かねてより、ドライバーと車を繋ぐUIがメーカーの開発テーマの一つであったと思います。

というのも、カーナビ画面が標準でダッシュボードに組み込まれるようになり、メルセデスのCOMANDシステムでナビはもとよりオーディオやラジオ、TV、その他の設定ができます。

COMANDシステムは複数のフォルダとファイルで構成されているWindowsマシーンのようなメニュー構成ということもあり、慣れるまで少々時間が必要であったのは確か。

ただ、ここまで機能が充実してくると、自分が探しているメニュー画面に到達するまで時間がかかる時があり、時として自分が探している画面がどのメニュー階層下にあるのか忘れてしまう時もあります。

「あの画面はどこだっけ?」

そんなイライラするUIを改善すべく、AクラスにMBUXが搭載されたのでしょう。

更なるダウンサイジング

メルセデス・ベンツAクラス-W177-1.4L直列4気筒ダウンサイジングターボエンジン

Mercedes-Benz A-Class – 1.4L Turbo engine

3代目Aクラスのベースモデルは1.6L直列4気筒、直噴ターボエンジンを搭載。そして、4代目は新開発の1.4L、DOHC直列4気筒、直噴ターボエンジンを搭載。

1.4Lのエンジンスペックは、136PS/5,500rpm、20.4kg・m/1,460rpm。4代目は3代目より若干のパワーアップと同等のトルクを出力します。

エンジン性能はカタログスペックだけでは判断できないものの、4代目の動力性能は先代と同等かそれ以上の性能。

Aクラスのボディサイズとデザイン

メルセデス・ベンツAクラス-W177

Mercedes-Benz A-Class W177

3代目Aクラス(W176)のボディサイズは

全長(mm) : 4,300

全幅(mm) : 1,780

全高(mm) : 1,435

対して、4代目Aクラス(W177)は

全長(mm) : 4,419

全幅(mm) : 1,796

全高(mm) : 1,423

4代目は3代目より全長が10cm以上伸ばされ(Up)、全幅が僅かに拡大(Up)、全高は若干ダウン(Down)しています。

W177の全体的なボディフォルムは先代をベースにしながらも、エッジが効いているデザイン。ボディ全体が風を切り裂くような印象を受けます。

今後、遅れてAクラスセダンの販売が予定されているようなので、Aクラスを検討されている方は目が離せないのではないでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク