メルセデス・ベンツBクラスB180-W246に試乗!乗り心地と走りを評価

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

2019年2月、我が家のCクラスC200(W204)はディーラーで1年点検を受けました。W204は納車から年数は経過しているものの、年間走行距離が少なくトラブルは皆無。

今回、ディーラーから代車としてメルセデス・ベンツBクラス、B180(W246)を借りることができました。

メルセデスBクラス(W246)は2011年に登場。今回、お借りした代車のオドメーターはまだ5,000km台。このBクラスはファイナルモデルのようで、完成度の高さが伝わってきました。

2018年、既に本国ドイツではフルモデルチェンジした次期型Bクラスが発表されています。おそらく2019年に次期型Bクラスが国内で販売開始となるでしょう。

では、ファイナルモデルのメルセデスBクラスB180(W246)をインプレッションしてみたいと思います。

ちょっと背高ノッポのBクラス、W246

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

メルセデスBクラスB180、W246はAやCクラスより10cmほど全高が高く、初代Bクラスのボディデザインの流れを引き継いだモデル。

BクラスB180、W246のスペックはこちら。

メルセデス・ベンツBクラス

B180(W246)

全長(mm) 4,400
全幅(mm) 1,785
全高(mm) 1,545
車両重量(kg) 1,480
ホイールベース(mm) 2,700
最小回転半径(m) 5.2
エンジン ハイオクガソリン

270型 1,595cc

DOHC 直列4気筒

ターボチャージャー付

内径×行程(mm) 83.0×73.7
圧縮比 10.3
最高出力(PS/rpm) 122/5,000
最大トルク(kg・m/rpm) 20.4/1,250-4,000
変速機 7速、7G-DCT
駆動方式 FF
サスペンション F: ストラット

R: マルチリンク

タイヤ(前後) (純正)

BRIDGESTONE

TURANZA

225/45R17

ブレーキ F: Vディスク

R: ディスク

JC08モード燃費(km/l) 17.3
燃料タンク容量(L) 50

※アイドリングストップ機能、電動パワーステアリング、可変バルブタイミング、筒内直接噴射

 出典:メルセデス・ベンツ日本株式会社

高いボディ剛性はメルセデスの基本

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

W246に乗り込んで、まずはシートベルトを装着。ブレーキペダルを踏みながらインパネのスタートボタンを押すと、エンジンは瞬時に目覚めました。

ディーラーの駐車場から公道に出て、右折と左折を繰り返しながらの第一印象はボディのしっかり感です。BクラスはAクラスと同様、ハッチバックモデルということもあり、リヤ周りのボディ剛性の面で不利なのは否めません。

しかし、BクラスはAクラスと同様、リヤ周りの剛性不足はまったく感じられません。信号待ちで後方を振り向いて、ハッチバックボディであることに気付かされるほど。

硬い鋼板で囲まれた空間が移動する雰囲気は独特なもので、強固なボディに守られている安心感を抱きます。W246はセダンと何ら変わらないボディの剛性感にメルセデスらしさを改めて感じました。

ちなみに、ドアヒンジの作りはこのとおり。

W246のドアヒンジ

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246ドアヒンジ

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246ドアヒンジ

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

W246、Bクラスもドアヒンジの作りは他のメルセデスと同様です。

乗り心地がしなやかなB180-W246

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

W246のステアリングホイールを握りながらドライブした印象として、サスペンションの動きがしなやか。そして、その中に腰がある乗り味。

近年のメルセデスAクラスやCクラスは引き締まったサスペンション・セッティングがトレンドのようです。その点、W246は225/45R17というワイドな低偏平タイヤを履くものの、タイヤの硬さはまったくと言っていいほど感じません。

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246、タイヤサイズ:225/45R17

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)Tire size : 225/45R17

タイヤサイズが225/45R17ということもあり、若干のロードノイズが伝わってくるものの、決して不快ではありません。

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246、タイヤサイズ:225/45R17

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)Tire size : 225/45R17

路面の繋ぎ目で軽い「コツン」という17インチタイヤの存在が伝わってくる程度。

その時、しなやかで腰があるサスペンションと強靭なボディが振動を一発で吸収するため、不快感はまったくありません。

路面変化があっても、W246の乗り味、乗り心地はフラットライドそのもの。17インチタイヤを上手く履きこなしているお手本の1台と言えます。

意外とクイックなハンドリング

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246、ステアリングホイール

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

W246は意外と言ったら失礼ながら、ステアリングレスポンスがクイック。かと言って、神経質な不安要素はありません。

ステアリングホイールからフロントタイヤまでの各パーツの合わせ込みのレベルが高く、遊びの部分がまったくと言っていいほど感じられません。だからこそ、ステアリングが正確でクイックに感じるのかもしれません。

やや早い速度でステアリングを操作すると、ボディがわずかにロールして綺麗に曲がっていきます。

代車のW246はサンルーフ付きモデルということもあり、屋根の重量増がわずかに車体の動きに影響を与えているのかもしれません。

W246のステアリングを握って最初の交差点を曲がると、ステアリングの操舵力はC200、W205よりやや重め。

ステアリングを回してから中立位置に戻ろうとするセルフアライニングトルク(SAT)はAクラス(W176)やCクラス(W205)より強め。この時のステアリングフィールは少々、電動パワステ的で人工的なフィーリングが伝わってきます。

荒れた路面での直進安定性はメルセデスそのもので外乱の影響をほとんど受けません。

2リッター級のDOHC直列4気筒、直噴ターボエンジン

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246、270型ターボ付き1.6Lエンジン

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)1.6L Turbo engine

メルセデスのエンジンルームを眺めると、エアクリーナーに繋がる外気取り入れ口が必ずフロントグリル内に設置されています。これにより、より冷たい外気をエンジンへ送り込むことができます。

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246、270型ターボ付き1.6Lエンジン

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)1.6L Turbo engine

W246に搭載されているエンジンは1.6リッター直噴ターボエンジン。最高出力は122PS/5,000rpmと控えめながら、最大トルクは20.4kg・m/1,250~4,000rpm。

エンジントルクは2リットルNAエンジンと同等。

W246の車重は1,500kg弱ということもあり、2,000rpm以下ではエンジントルクの細さを感じます。そして、2,500~3,000rpmあたりからターボの過給圧が高まり、7G-DCTがテンポ良くシフトアップしていきます。

W246に搭載の270型エンジンはトルク重視型と言えます。

ハイレスポンスな7G-DCT

加速中にタコメーターに目をやると、シフトアップ時の変速スピードが非常に早く、これぞDCTの特徴。

1速

2速

3速

4速と

各ギヤにシフトアップする瞬間、タコメーターの針が落下するように下がり、上昇を繰り返していきます。

変速ショックは皆無。

走行中にメーターパネルを見なければ、何速に入っているのかは分かりません。メルセデスが7G-DCTの採用を始めてから年数が経過していることもあり、7G-DCTは熟成が進んできたトランスミッションと言えます。

なお、車庫入れの際、ステアリング右側のシフトレバーをDモードとRモードへ切り替える時、ギヤの入り具合がATとは違う印象を受けるものの、これは慣れの問題でしょう。

メルセデス共通のモダンクラシック的なインテリア

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246、スピードメーター

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)Speed meter

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

近年のメルセデスはAクラスからSクラス、CLAやGLAに共通するインテリアデザインが与えられています。ちなみに、上の写真のシルバーパネルは凹凸模様に見えるものの、これは印刷処理されています。

3連のエアコン吹き出し口に幅広のセンターパネルが特徴。各メッキパーツが艶消し処理されているのも近年のメルセデスのトレンド。

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

電動パワーシート&メモリー機能付き。

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246 エアコンパネル

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)Air conditioner panel

左右独立でエアコンの温度設定が可能。

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246 リヤシート

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)Rear seat

代車のW246は本革シート仕様でサンルーフ付き。

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246 Harman/Kardon

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)Harman/Kardon

Harman/Kardon(ハーマン・カードン)オーディオを装備。

ハーマン・カードンは子供っぽいドンシャリ音とは一線を画す、低音を響かせながら落ち着いたサウンドが特徴です。

ハッチバック以上、ミニバン未満

メルセデス・ベンツBクラスB180-W246

Mercedes-Benz B-Class B180(W246)

W246はAクラスやCクラスより10cmほど背が高く、全高は1,545mm。W246に乗り込むとヘッドクリアランスに余裕があるため、明らかにAクラスやセダンとは違う開放的な印象を受けます。

Bクラスを一言で表現するならば、ハッチバック以上、ミニバン未満のパッケージング。

ミニバンのような全高が高い車には食指が動かないものの、W246はAクラスやCクラスのワゴンより天地方向に広い室内空間を求める人向きかもしれません。

代車のW246は操作系やカーナビ、車両設定、エンターテイメント、灯火類関係の装備はAやCクラスと同レベル。更に電動パワーシートと電動サンルーフ付きでシートは本革仕様。至れり尽くせりの豪華仕様の一台。

最後に

代車のBクラス(W246)はAクラス(W176)とプラットフォームを共有するモデルながら、乗り味、乗り心地とムードが異なるところが興味深いところ。

代車のW246は既にファイナルモデルながら、強固なボディと落ち着いた乗り味に安心感を抱きながら、何故か車以外の事に関心が向かう不思議なムードが漂っていました。

信号待ちで視界に入ってくるAピラー根元の「Harman/Kardon」ロゴが何とも誇らしげ。

管理人がよく知らない「Harman/Kardon」というオーディオシステムがなかなかの音を出すこともあり、FMラジオから流れてくる音楽に耳を傾けながら

「W246のラゲッジルームに荷物を載せて、旅行に出かけたら快適だろうな。」

なんて思いつつ、ディーラーへ返却に向かったのでした。

メルセデス・ベンツを探すなら

メルセデス・ベンツを探すならガリバーが便利です。毎日入荷していますから、人気車種は早めにチェックしたいですね。詳しくはこちら。



【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス

ラクに車を高く売るならオークション形式の車査定サービス

オークション形式の車査定サービスなら、営業電話と車の査定は1回だけ。車の一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることはありません。複数回の業者対応と査定が煩わしい人はオークション形式がお勧め。

SellCa/セルカ

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

ユーカーパック

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

[関連記事]

メルセデス・ベンツAクラス(W176)初期型のDCTは、低速域でシフトショックが看取される時がありました。2016年モデルはリファインされ、予備知識無しでA180を運転するとATと勘違いするほど。魅力が増したAクラスの試乗インプレッション評価。
2018年7月、メルセデス・ベンツCクラスW205は6500箇所に及ぶマイナーチェンジを受けてデビュー。今回のビッグマイナーの大きな注目点はC200アバンギャルドにBSG+48V電気システムを搭載。マイルドハイブリッドとも言えるCクラスW205のラインアップを比較!
メルセデス・ベンツCクラスC200-W204は重厚感のあるW202やW203から、更なる高剛性ボディにスポーティーなサスが与えられ、アジリティと乗り心地を両立させたモデル。後期モデルは直噴ターボエンジンを搭載し、2000ヶ所の変更で完成度を高めました。
車を売却するなら要注目のオークション形式の車査定サービス、CellCa/セルカとユーカーパック。営業電話と査定は1回だけ。車一括査定業者の電話対応と交渉が煩わしいオーナー向き。ディーラー下取りに出す前に愛車を高く売るならこちら。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク