メルセデス・ベンツCクラスC200-W204の1年点検を実施-2019年2月

ヤナセディーラーで1年点検

2019年2月、メルセデスC200(W204)の1年点検を実施しました。

予めディーラーへ電話して1年点検を予約。予約日にディーラーへC200を持ち込みました。

お借りした代車はメルセデスBクラスB180(W246)。W246のインプレッションは別ページでアップします。

法定12ヶ月点検(1年点検)の内容、整備費用

作業内容、部品名 時間、数量 金額

(税込)

法定1年点検 1.6H 28,080
エンジンオイル

5W-40(229.3)

6.0L 12,312
リヤデフオイル

交換工賃

0.4 4,752
デフオイル 2.0 16,026
Screw Plug 2.0 906
合計金額 62,076

法定1年点検の内容

・エアクリーナー点検

・クーラント不凍液、レベル調整、漏れ点検

・Vベルト点検

・ウインドウワイパー、ウォッシャーシステム点検

・バッテリー点検

・ショートテスト実施、故障メモリー読み取り消去

・インストルメントクラスター、サービスインジケーターリセット

1年点検が完了して

今回の1年点検時のODOメーターの距離は36,000km台。昨年の車検時の走行距離は34,000km台。年間走行距離は約2,000km。

1年点検の結果、C200の不具合箇所はありませんでした。

エンジンオイル交換

年間走行距離が少なくても、1年に1回はエンジンオイル交換を実施。

オイルは純正指定の229.3(化学合成オイル)。粘度は5W-40。今回、オイルの交換量は6.0L。

[関連記事]

メルセデス・ベンツに適合するエンジンオイルの種類と粘度は?オイル交換の時期は1万km~1.5万kmの走行でメーターに交換が表示されます。しかし、実際のオイル交換の頻度は?直噴エンジンのエンジンオイルはすすで汚れやすく、早めにオイル交換したい。

デフオイル交換

今回、リヤのデファレンシャルオイルを交換しました。

ディーラーの担当者曰く、デフオイルを交換するケースは少ないとのこと。ただ、お客さんの希望があれば、デフオイルを交換するようです。

C200のODOメーターが刻む走行距離は未だ36,000km台ながら、C200が我が家にやってきてから8年の歳月が経過しています。デフオイルを交換しなくても特に問題は無い模様ながら、C200は年数が経過しています。

デファレンシャルギヤは走行中、高熱を帯びるため、デフオイルは熱を持ちながら徐々に劣化が進んでいきます。特にスポーツ走行やサーキット走行では、デフオイルは完全な消耗品扱い。

我が家のC200は市街地走行がほとんどのため、デフオイルの劣化は気にするほどの問題ではないかもしれません。

しかし、デフオイルの交換時、ドレインボルトのマグネットに鉄粉が付着していることが多く、未交換で放置するよりは交換した方が理想的。

今回、デフオイルの交換は過剰整備とも考えられるかもしれませんけど、予防整備の観点からデフオイルの交換を依頼しました。

それにしても、デフオイルは高価で2Lで16,000円!

リモコンキーの電池

ディーラーで車検や点検を受けると、担当者からリモコンキーの電池交換について話があります。メルセデスのリモコンキーの電池は使用環境によっては寿命が短く、1年程度で要交換となるようです。

昨年、自分でリモコンキーの電池を交換済みということもあり、そのまま継続して使用できます。

[関連記事]

メルセデス・ベンツのリモコンキーの電池は日本車と比べて寿命が短く、1~2年ほどで交換が必要です。キーレスの電池交換作業に工具は不要。交換の予備知識として動画で確認できます。あと、鍵の電池の種類(型番)と個数も予め確認が必要です。詳細はこちら。

最後に

ディーラーでCクラスの1年点検を実施すると、不具合箇所が無ければ、基本工賃プラス、オイル交換費用で40,000円ほど。

メルセデスC200の純正指定エンジンオイルは、Mobil 1™の5W-40(229.3)。1Lあたり2,000円ほど。

メルセデスは伝統的にオイルパンの容量が大きく、1.8Lエンジンでも6Lのエンジンオイルを飲みこみます。

ディーラー以外の整備工場で1年点検を依頼する場合、メルセデスを点検するためには、DAS診断機(Star Diagnosis System/スター・ダイアグノーシス・システム)と呼ばれるメルセデス・ベンツ専用の診断テスターが必要不可欠です。

[関連記事]

メルセデス・ベンツの車検はディーラー車検以外に民間整備工場の車検から格安ユーザー車検まで複数の選択肢があります。気になる車検費用と点検整備の質を比較し、自分と愛車にマッチする車検を選びたいもの。そこで、各車検業者のメリットとデメリットを比較!
車を売却するなら要注目のオークション形式の車査定サービス、CellCa/セルカとユーカーパック。営業電話と査定は1回だけ。車一括査定業者の電話対応と交渉が煩わしいオーナー向き。ディーラー下取りに出す前に愛車を高く売るならこちら。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク