メルセデス・ベンツCクラスW204のエンジンオイル交換時期と選択

エンジンオイルの点検

GoogleやYouTubeでエンジンオイルの交換について検索すると、数多くのページや動画がヒットします。

そしてネット上では、エンジンオイルの交換時期とオイルの選択については様々な意見が飛び交っています。

直噴ターボエンジンを搭載する欧州車のエンジンオイル交換サイクルはロングライフ化しているため、メーターパネルにオイル交換の表示はなかなか出てきません。

また、車によってはシビアコンディションに該当するため、早めの交換が必要とされる場合があります。

かねてより、エンジンオイルに関して様々な意見が飛び交っている中、欧州車のエンジンオイル交換の時期とエンジンオイルの選択について情報を整理したいと思います。

メルセデス・ベンツ承認エンジンオイル

メルセデス・ベンツCクラス、W204のディーラー純正指定のエンジンオイルは「229.3」で、粘度は「5W-40」。これは、ガソリンエンジン用のスタンダードエンジンオイルです。

W204の1800cc、直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンのオイル交換時の量は約5.5L。オイルフィルターの同時交換で約6.0L。

直列4気筒、6気筒、V6用、純正指定エンジンオイル

mobil1 5w-40

Mobil 1™ FS X2 (5W-40)

メルセデス・ベンツの直列4気筒、直列6気筒、V6エンジン、2010年以前の旧車に推奨されている、純正指定エンジンオイルは「229.3」。

純正指定エンジンオイル「229.3」の中身は、Mobil 1™ FS X2 (5W-40)。

これは、モービル1の100%化学合成オイルです。

 Mobil 1™ FS X2 (5W-40) 製品データシート(PDF)

【Amazon】

Mobil 1 FS X2 (5W-40)

【楽天市場】

Mobil 1 FS X2 (5W-40)

V8、V12、AMG用、純正指定エンジンオイル

メルセデス・ベンツのV8、V12、AMGエンジン用、メルセデス・ベンツ承認エンジンオイルとして、プレミアムエンジンオイル「229.5」、粘度「5W-40」が用意されています。

ディーゼルエンジン用、純正指定エンジンオイル

メルセデス・ベンツのディーゼルエンジン用のエンジンオイルとして「229.31」、粘度「5W-30」が用意されています。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは5つの役割があります。

【1】潤滑

エンジンオイルの油膜がエンジンの各パーツの表面を覆い、金属同士が直接接触しないように作用して、ムービングパーツの滑りを良くします。

【2】密封

ピストンリングとシリンダーの間に作られる油膜が圧縮と燃焼ガスの漏れを防止します。

【3】冷却

エンジンオイルがエンジン各部の熱を吸収し、冷却する働きをします。

オイルパンに戻ってきたエンジンオイルは再びストレーナーで吸引され、オイルフィルターでろ過されてエンジン各部に流れていきます。

【4】洗浄

エンジンオイルが燃焼後に発生するカーボンやスラッジ、酸化物を洗浄し、吸収することでエンジン内部をクリーンに保ちます。

直噴エンジンのエンジンオイルが黒色化しやすいのはリーンバーン(希薄燃焼)燃焼時にカーボン(すす)が発生しやすいからです。

【5】防錆(ぼうせい)

エンジンの各パーツ表面の油膜が水分や有害ガスによる錆の発生を抑え、腐食からエンジンを保護します。

劣化しない油脂はこの世に存在しませんから、エンジンオイルの定期交換はメンテナンスの基本ですね。

メルセデス・ベンツの保証システム

新車でメルセデスを購入すると、3年間の保証が付いています。また、ディーラー認定中古車にも同様の保証が付きます。

エンジンオイルとオイルフィルターは新車登録時から35ヶ月が経過するまでの間、交換時期に達した時点で購入店で無料で交換してくれます。

他の油脂類や消耗部品も必要に応じて、無償交換の対象になります。

 メンテナンス保証システム

それ以降は有料保証に加入するか、必要に応じて有料交換となります。

メルセデス・ベンツのエンジンオイルの選択

エンジンオイルの進化と共に、もはやオイルは粘性を持つ自動車の重要部品の1つ。

メルセデス・ベンツの場合、基本的にエンジンオイルは純正指定オイル以外の選択肢は無いでしょう。

100%化学合成オイルで粘度が同一でも、ブランドによって品質が異なる場合があります。エンジンオイルに精通している方を除いて、純正指定が基本です。

なお、メルセデス・ベンツの整備経験が豊富な整備工場が推奨するエンジンオイルであれば、話は別です。

メルセデス・ベンツのエンジンオイル交換時期

エンジンオイル、ボトル

メルセデス・ベンツの場合、前回のオイル交換から1万km または 1.5万kmの走行、あるいは、1年のどちらか早いタイミングでメーターパネルのメンテナンスインジケーターに「メンテナンス」と表示されます。

直噴エンジンのエンジンオイルは希薄燃焼による煤(すす)の問題から、エンジンオイルが黒色化しやすい傾向があります。

長年、従来のガソリンエンジンに乗り慣れているオーナーが直噴エンジンのオイルレベルゲージでオイルをチェックすると、戸惑うと思います。

直噴エンジンのエンジンオイルは書道の墨汁のように黒色化しやすいのです。

なお、メルセデスAMGのような特別なモデルは走行距離に比例して、エンジンオイルの量が減ることがありますから、定期的なオイル量のチェックが必要です。

オイルフィルターの交換時期

オイルフィルター

エンジンオイルの汚れを除去する働きをするオイルフィルターも定期交換が必要です。

オイルエレメントとも呼ばれるオイルフィルターの交換時期は、エンジンオイル交換2回に1回が目安。

ターボ車のタービンブローの原因

エンジンオイルの交換時期はオーナーの考え方次第。

エンジンオイル交換の頻度は、車種やエンジンの種類、車の使用環境、シビアコンディション等が関係してくるため、一概に何km毎の交換とは言えません。

YouTubeで検索すると、整備工場の整備士であっても、明確なエンジンオイルの交換時期を明言していない動画もあります。目安としては、「5,000km以内の交換が適切では?」といったニュアンスの内容です。

そのような整備士は正直で物事を深く考えている方だと思います。

エンジンオイルの交換サイクルは、先ほどのように諸条件によって変わってくるからです。

ただ、ターボエンジンはNAエンジン以上にシビアなオイル管理が求められます。

ターボエンジンのターボ自体がすさまじい高熱を帯びますから、エンジンルームの発熱量はハンパではありません。夏場、走行後のターボ車のフロント・アッパーマウント周辺を触ると、エンジンとターボの熱を拾って高熱を帯びているほど。

それだけターボ車のエンジンオイルは熱的にも過酷です。

しかも、エンジンのオイルラインは結構、細いのです。エンジンオイルが劣化してドロドロ状態であれば、オイルラインのどこかで詰まってしまってもおかしくありません。

人間の循環器に例えるならば、血液中の血栓によって血管が詰まって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすのと同じです。

概して、ターボ車のタービンブローの一番の原因はオイル管理の悪さです。欧州車のターボ付きエンジンと長く付き合っていくならば、早めのエンジンオイル交換が「吉」だと思います。

エンジンオイルはオーナーが管理するもの

ちなみに、我が家のW204は年間走行距離が少ないこともあり、1年に1回、オイル交換を実施しています。

かつて、W202のエンジンオイル交換の頻度は走行5,000km以内。ディーラーでオイル交換を実施していました。W202のエンジントラブルはもちろん、異音の発生も皆無。燃費悪化もありませんでした。W202が引退するまで、エンジンは極めて快調でした。

エンジンオイルの管理は車種によって異なりますし、これは、自動車の取扱説明書に記載されています。そもそも、エンジンオイルはオーナーが管理するもの。

検索すると、エンジンオイルの交換時期について様々な意見、考え方があります。これは、エンジンの排気量やNAまたはターボ付き、車の使用環境によっても変わってきます。シビアコンディションに該当する車も多いと思います。

直噴ダウンサイジングターボ車のエンジンオイル交換時期

直噴ダウンサイジングターボエンジンであれば、カーボンの汚れを考慮して、交換時期は走行5,000km以内、あるいは1年のどちらか早いタイミングでエンジンオイルの交換が適切だと思います。

BMWやアウディのエンジンオイルの指定交換サイクルが10,000~20,000kmであっても、いい意味でそれを無視して早めのオイル交換がいいと思います。

(一例)

・年間走行距離が10,000kmであれば、年に2回はエンジンオイル交換を実施。

・年間走行距離が3,000km以下であっても、年に1回はエンジンオイルを実施。

余裕がある方は3,000km毎のエンジンオイル交換でもいいと思います。

早めのエンジンオイル交換はエンジンにとってメリットはあっても、デメリットはありませんので。

エンジンオイルの管理が悪いエンジンの結末

YouTubeで無残なエンジンの動画が見つかりました。

これは、最悪です!!!

エンジンオイルがヘドロ状と化しています!

このエンジンはオイル管理の不備により、エンジンがブローしています。オイルフィラーキャップに「BMW」の文字が確認できます。

このBMWのオーナーはオイル管理の大切さを知らなかったのでしょうか?それとも、オイル交換をサボっていたのでしょうか?

【閲覧注意】

メルセデス・ベンツ直列4気筒、直列6気筒、V6用、純正指定エンジンオイル

メルセデス・ベンツの直列4気筒、直列6気筒、V6エンジン、2010年以前の旧車に推奨されている、純正指定エンジンオイルは「229.3」。

純正指定エンジンオイル「229.3」の中身は、Mobil 1™ FS X2 (5W-40)。これは、モービル1の100%化学合成オイル。

mobil1 5w-40

Mobil 1™ FS X2 (5W-40)

【Amazon】

Mobil 1 FS X2 (5W-40)

【楽天市場】

Mobil 1 FS X2 (5W-40)

ネット通販で購入したオイルの交換サービス店はこちらで調べることができます。

交換工賃等はご希望店にメールでお問い合わせください。

Goo Pit

[関連記事]

短距離走行の繰り返し、ちょい乗りが多い自動車はシビアコンディションに該当します。走行頻度が少ない車も同様と考えられます。チョイ乗り短距離走行が多いと、エンジンオイルや各パーツの劣化が進みます。車の調子とエンジンやマフラーの熱との関係とは?
メルセデス・ベンツのトランスミッションは主にATとDCT。近年、燃費対策からもATの多段化が進行中です。メルセデス・ベンツのATF交換は不要?それともATF交換しないとまずい?オートマオイル交換が必要なら交換時期は?慎重に実施したいATF交換。
欧州車は高速走行が前提で設計されています。日本の道路は信号機が多く、頻繁な発進と停止の繰り返しはメルセデス・ベンツのATにとって過酷な環境です。多段化が進むメルセデスの多段AT/オートマ故障を予防し、長持ちさせる3つの操作方法はこちら!
エンジンフラッシング剤は必要?それとも不要?もしオイル管理が悪かったり中古車の場合、スラッジ除去のためフラッシング剤を使う意味があります。フラッシング剤には即効性と遅効性の2種類。この選択を間違えると、最悪エンジンが焼き付く危険性があります!
メルセデス・ベンツや欧州車の直噴エンジンは希薄燃焼による煤(すす)が発生し、燃焼室やピストン、インジェクター、バルブのカーボン堆積の問題が懸念されます。そこでカーボン除去対策!ワコーズの燃料添加剤フューエルワンを入れた効果はいかに?頻度は?
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク