エンジンフラッシング剤-ワコーズeクリーンプラスの必要性は?

エンジンブロック

カー用品店のサービスメニューの中で

「エンジンフラッシング」

「エンジン内部丸洗い」

といった項目が見つかることがあります。

このエンジンフラッシングの必要性はあるのでしょうか?それとも、フラッシングは不要なのでしょうか?

まず、エンジンオイルの管理が適切であれば、エンジンフラッシングは不要だと思います。エンジンオイルに洗浄成分が配合されているため、オイルがエンジン内部の汚れを除去してくれるからです。

他方、今までオイル管理が悪かったり中古車の場合、エンジンフラッシング剤を使う意味はあるでしょう。

エンジンフラッシングの効果

エンジンフラッシングの方法は大きく2つあります。

(1)エンジンオイルに洗浄剤を入れる方法

エンジンオイルに遅効性のエンジン内部洗浄剤を注入します。走行を繰り返す事で、エンジン内部のスラッジ等の汚れが徐々に溶けていきます。

約2,000km走行後、エンジンオイルとオイルフィルターを交換します。

(2)専用の機械を使用する方法

エンジンフラッシング専用の機械で強制的に洗浄剤をエンジン内部に注入し、しばらくアイドリングすることで汚れを除去する方法です。

エンジンフラッシングの必要性

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204オイルフィラーキャップ

綺麗なオイルフィラーキャップ裏側(エンジンオイル管理が適切な一例)

今まで、エンジンオイルの管理が悪かったり中古車の場合、エンジン内部がスラッジ等で汚れている可能性があります。

エンジン内部がスラッジ等で汚れていると、エンジン不調や燃費の悪化等でエンジン性能が低下し、本来のエンジン性能を発揮できません。

エンジン内部の汚れのチェック方法

(1)エンジンのオイルフィラーキャップの裏側

エンジンオイルのオイルフィラーキャップ裏側を目視することで、汚れをチェックできます。

(2)オイル注入口からカムシャフト周囲

オイル注入口からカムシャフト周囲を目視することで、汚れをチェックできます。

(3)オイルレベルゲージの汚れ具合も参考になります。

オイルフィラーキャップの裏側やカムシャフト周囲がこげ茶色に汚れている場合、エンジンオイル管理が適切ではなかったと考えられます。

この場合、エンジンフラッシングを試してみる価値はあるでしょう。

そこで、注意点があります。

フラッシング剤のメリットとデメリット、注意点

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204エンジンオイル注入口

エンジンオイル注入口-オイル管理が適切なCクラスW204エンジンの一例

エンジン内部のスラッジ等の汚れは、デメリットはあってもメリットはありません。そこで、エンジンフラッシング剤を使用する場合、メリットとデメリットがあります。

メリット

エンジンフラッシングでエンジン内部の汚れを落とすことで、エンジン不調や燃費悪化の改善が期待できます。また、本来のエンジン性能を発揮できます。

デメリット、注意点

エンジン内部がスラッジ等でかなり汚れている場合、「即効性」が高いエンジンフラッシングの使用はリスクをはらんでいます。

リスク1

エンジン内の各部に付着しているスラッジ等の汚れが強力な洗浄剤で剥がれ落ちると、それがオイルラインを詰まらせてしまう可能性があります。

最悪、エンジンの焼き付きやエンジンブロー

リスク2

オイルパンに溜まったスラッジ等の汚れがオイルストレーナーの金網部分に付着して、目詰まりしたら…

オイルポンプがオイルを吸引できず、エンジン各部へオイル供給ができなくなります。

最悪、エンジンの焼き付きやエンジンブロー

使うなら、遅効性フラッシング剤

そこで、「即効性」のエンジンフラッシング剤と「遅効性」のエンジンフラッシング剤を使い分ける必要があります。

と言っても、整備士以外がオイルフィラーキャップを開けて、どちらのエンジンフラッシングが適切なのか判断は難しいのです。

即効性フラッシング剤の使用は、エンジンのコンディションによってはハイリスクです。

そこで、安全性を最優先させて、遅効性のエンジンフラッシング剤を選ぶのが無難です。

このタイプでしたら、車の走行時間に比例して、エンジン内部の汚れが徐々に分解されていきます。作用はゆっくりで時間はかかるもののリスクがありません

ワコーズWAKO’S®、eクリーンプラス

エンジンフラッシング剤の中で、ワコーズWAKO’S®の「eクリーンプラス/e-CLEAN PLUS」は信頼のブランド。これは、整備工場ではよく知られている遅効性のエンジンフラッシング剤です。

「eクリーンプラス/e-CLEAN PLUS」は遅効性のため、エンジン内部の汚れを徐々に溶かしていきます。よって、スラッジが剥がれ落ちるようなリスクがありません。

eクリーンプラスの使い方

1.  オイルフィラーキャップを開けて、eクリーンプラスを注入する。

※エンジンオイル3~6Lに対して1本を使用。(ターボ車は5%以内)

※オイル交換と同時にeクリーンプラスを注入すると理想的。

2. 2,000km走行する。

3. エンジンオイルとオイルフィルターを交換する。

エンジン内部の汚れ具合によっては、再度、上記1~3を繰り返します。

【Amazon】

ワコーズ「eクリーンプラス/e-CLEAN PLUS」

【楽天市場】

ワコーズ「eクリーンプラス/e-CLEAN PLUS」

最後に

エンジン内部の汚れは、1台1台コンディションが異なります。

スラッジ等の汚れが目立つエンジンの場合、遅効性エンジンフラッシング剤の使用を何回か連続して繰り返す必要があるかもしれません。

いずれにしても、車の信頼性が高まり、各部がブラックボックス化してきたこともあり、ボンネットを開けてエンジンルームをチェックする機会が激減しているのではないでしょうか。

しかしながら、昔も今もエンジンオイルの劣化を避けることはできません。走行頻度が少なくても、チョイ乗りばかりでもエンジンオイルは確実に劣化していきます。

エンジンオイルの品質が向上しても、この世に劣化しないオイルは存在しません。外野衆があれこれ言っていても、エンジンオイルは早めの交換が吉だと思います。早めのエンジンオイル交換で、エンジンにデメリットは何一つ無いので。

[関連記事]

短距離走行の繰り返し、ちょい乗りが多い自動車はシビアコンディションに該当します。走行頻度が少ない車も同様と考えられます。チョイ乗り短距離走行が多いと、エンジンオイルや各パーツの劣化が進みます。車の調子とエンジンやマフラーの熱との関係とは?
メルセデス・ベンツや欧州車の直噴エンジンは希薄燃焼による煤(すす)が発生し、燃焼室やピストン、インジェクター、バルブのカーボン堆積の問題が懸念されます。そこでカーボン除去対策!ワコーズの燃料添加剤フューエルワンを入れた効果はいかに?頻度は?
メルセデス・ベンツに適合するエンジンオイルの種類と粘度は?オイル交換の時期は1万km~1.5万kmの走行でメーターに交換が表示されます。しかし、実際のオイル交換の頻度は?直噴エンジンのエンジンオイルはすすで汚れやすく、早めにオイル交換したい。
スポンサーリンク