メルセデス・ベンツのAT/オートマ故障を予防し長持ちさせる3つの方法

メルセデス・ベンツATシフト

メルセデス・ベンツのAT/オートマチックトランスミッションは、1990年代前半まで「4速AT」でした。

【1990年代後半~】「5速AT」を採用するモデルが増加。

【2000年代に突入】ミドルクラスからアッパークラスにかけて、「7速AT」(7G-TRONIC)を採用。

【2015年】Cクラス(W205)が「9速AT」(9G-TRONIC)を採用。

【2016年】Eクラス(W213)が9速ATを採用。

【2017年】同年モデルのSクラス(W222)が9速ATを採用。

このように、メルセデス・ベンツのオートマチックトランスミッションは多段化が進んでいます。多段ATのトレンドはメルセデスのみならず、世界の自動車メーカーのトレンド。

歴史的にメルセデス・ベンツのATは内製で完成度が高く、シフトアップとシフトダウンのタイミングや変速ショックの少なさ、タイト感、伝達効率の全てにおいてパーフェクトな仕上がり。

また、ロックアップ制御も緻密になり、メルセデスのATは確実に進化を続けています。

そこで、今回、メルセデスを含めた欧州車のAT/オートマ故障を予防し、長持ちさせる方法について呟いていきたいと思います。

欧州の道路交通網の特徴

アウトバーン

ドイツと言えば、網目状に張り巡らされているアウトバーン。欧州の道路網はスムースな交通の流れを優先する思想で設計されています。

場所によっては、ラウンドアバウトが設置され、円滑な交通の流れを優先して都市と道路網が整備されています。

このようなインフラ、そして、比較的湿度が低い環境の中で作られている欧州車は、欧州の道路を起点として鍛えられてきました。

しかし、欧州車は日本のように信号機が多く、発進と停止が頻繁で、平均速度が低い道路環境が得意とは言い難いものがあります。

つまり、欧州車の生い立ちと使用環境を考え、欧州車との付き合い方とメンテナンスに少々、気を使ってあげることで、欧州車ライフがより充実すると思います。

ATは減速中、シフトダウンを繰り返している

メルセデス・ベンツATシフトレバー

自動車のAT/オートマチックトランスミッションは、停止状態から1速でスタートし、エンジン回転数と車速に応じて、

2速

3速

4速

5速へ自動的にシフトアップしていきます。

(※)メルセデスのエコノミーとコンフォートモードを選択すると2速発進。

逆に、車速が下がり始めると、ATは自動でシフトダウンし、順次、

4速

3速

2速

1速へとシフトダウンしていきます。この時、ATハウジングの中で、クラッチ板を滑らせながらシフトダウンしています。

MT車の場合

他方、ドライバーがMT/マニュアルトランスミッション車を運転中、ギアを4速、または5速に入れて走行しているとします。

前方の信号機が赤に変わると、そのまま惰性で走行し、車速が落ちてきたらクラッチペダルを踏んでギヤをニュートラルに入れる操作が多いのではないでしょうか。

MTであれば、減速時に5速からニュートラル、そして車速が落ちてくれば、2速や1速へギア飛ばし、飛ばしシフトが簡単です。

これが、ATとMTの大きな違いの1つ。

AT車は車速が下がってくると、AT内部では各パーツが忙しく動きながらクラッチ板を滑らせて、1段ずつシフトダウンしています。(一部のメルセデスとDCT搭載車はブリッピング機能搭載)

ATの段数が多い「7速AT」や「9速AT」は「5速AT」より忙しくシフトアップとシフトダウンを繰り返しています。多段ATの台頭により、AT本体とATFにとってもストレスフルな時代と言えます。

メルセデス・ベンツのAT修理、整備工場

ツールBOX-ソケットレンチ

メルセデスの「AT」や「オートマチックトランスミッション」の関連キーワードでGoogle検索すると、整備工場が運営するオフィシャルサイトやブログが数多くヒットします。

内容として、メルセデスのATF交換からAT故障の修理、オーバーホール関連の情報が充実しています。

これらのネット情報を閲覧すると、メルセデスのATは鬼門?といった印象を受けてしまう人がいるかもしれません。

まず、メルセデス・ベンツのATが故障した場合、正規ディーラーでは状態によってアッシー交換となります。よって、高額な修理費用が発生します。

一方、メルセデスATの修理経験が豊富な整備工場は、より小回りの利く修理、部品交換で対応できます。

言わば、メルセデスのATに造詣が深い町工場は、AT故障修理の隙間を埋めている専門業界。メルセデス乗りの駆け込み寺的な存在です。

ATを長持ちさせる「3つ」の操作方法

メルセデス・ベンツATシフトレバー

管理人は長年、日本のMT車、AT車、CVT車のステアリングを握ってきました。

ちなみに、今までAT本体が故障した経験は1度もありません。(CクラスW202のATを制御する電子基板が故障したことはあります。)

逆に、なぜATが故障するのか不思議なのです。

この世に、故障しない機械は存在しません。もちろん、機械に無理な負荷を与えるような操作を繰り返していれば、トラブルが発生しても不思議ではありません。

管理人が長年、実行してきた、メルセデス・ベンツを含むATのトラブルを予防し、長持ちさせる簡単な3つの操作方法があります。

No1 「D」レンジに入れたら、駐車するまで「N」レンジに入れない

信号待ちで、まれに前車が「D(ドライブ)」から「N(ニュートラル)」レンジに切り替えている様子を目にする時があります。これは、ブレーキランプの点灯状態で分かります。

信号が赤から青に変わり、「N」から「D」レンジ切り替えた時、AT内部のクラッチ板同士が接触して繋がります。

このような操作は無意味ですし、毎日、この操作を繰り返していれば、長期的にクラッチ板の摩耗を促進させてしまいます。

No2 タイヤが完全停止してから、ATシフトレバーを操作する

車庫入れや方向転換などで、ドライバーの癖なのか、車両がわずかに前進している状態で「R」レンジに入れたり、逆に、車両がわずかに後退している状態で「D」レンジに入れてしまう操作を目にする時があります。

その時のシフトショックは大きく、そのような操作の繰り返しは、長い目で見れば、AT故障を招く可能性が高くなります。

タイヤが完全停止してから、ATシフトレバーを操作するように癖を付けることで、ATの無用なトラブルを回避できます。

No3 「N」から「D」または「R」レンジに入れたら、少し待つ

駐車や方向転換の時、ATのシフトレバーが「D」と「R」レンジを往復します。この時、次のように操作します。

【前進時】

「P」レンジや他のレンジから「D」レンジに入れて、ブレーキペダルから足を離す。

車が「数メートル」前進してから、アクセルペダルを踏み込む。

【バック時】

「P」レンジや他のレンジから「R」レンジに入れて、ブレーキペダルから足を離す。

車が「数メートル」後退してから、アクセルペダルを踏み込む。

ATのシフトレバーを操作しても、クラッチ板がスイッチのように瞬時に繋がる訳ではありません。クラッチ板が完全に繋がるまで、少し「間」があります。

そこで、シフトレバーの操作後、クラッチ板が完全に繋がるまで少し待つのです。

ちょっとしたテクニックながら、以上の3点に気を配るだけで、ATトラブルを予防できるのではないでしょうか。

以上の操作は、DCTやCVT車にも当てはまります。

以下のYouTube動画でも、管理人と同じ考え方です。

■追記

更に追記として、今日のメルセデスのATは「コンフォートモード」「ECOモード」「スポーツモード」「スポーツプラスモード」から選択できます。

街乗りでは「コンフォートモード」または「ECOモード」を選択し、高速道路では「コンフォートモード」または「スポーツモード」の選択が適切。

パドルシフトを操作するとATがレスポンスよく変速するため、癖になるかもしれません。しかし、過剰なシフトアップとダウン操作は明らかにATの負担が増えます。パドルシフトはワインディングロードなどで限定的に使用した方がいいかもしれません。

ストール発進はハイリスク

AMGホイールスピン

どのようなATでも、ゼロヨン加速テストで使われるストール発進(※)を繰り返すと、AT本体への負担が大きく、ATFの温度も上昇するため、AT故障を引き起こす原因になるのは言うまでもありません。

(※)ストール発進

AT車で、左足でブレーキペダルを踏みながら、アクセルペダルを踏み込み、左足をブレーキから離す急発進操作。

メルセデス・ベンツのATF交換

メルセデス・ベンツのATF/オートマチック・トランスミッション・フルード交換については、オーナーの考え方次第。2~3年毎に車を乗り換えるのであれば、ATF交換は不要かもしれません。

しかし、管理人はメルセデス・ベンツのATFは定期的に交換した方がいいと考えます。

メルセデス・ベンツのAT修理工場

Google検索すると、メルセデス・ベンツのAT修理を専門とする整備工場が少なくありません。

整備工場が運営しているオフィシャルサイトやブログを閲覧すると、100%の工場がATF交換を推奨しています。

「それは営業では?」

と思う方もいることでしょう。

もちろん、整備工場はボランティア組織ではありません。

メルセデス・ベンツのAT修理、オーバーホールの経験が豊富な整備工場は、メルセデスATの酸いも甘いも噛み分けています。

この世に劣化しない油脂は存在しません。メルセデスのATに造詣が深い業者は経験上、定期的なATF交換を推奨しているのではないでしょうか。

例えば、多くの患者を診察してきた歯科医師は、歯のケアが不適切な患者の口内を覗き込みながら、「歯のメンテナンスを怠っていれば、そりゃ歯肉炎になるよ」と内心つぶやいていることでしょう。

誰でも、経験を積むことで、頭に統計的なデーターが蓄積されていきます。

もしかして、今日も日本のどこかのメルセデスのAT修理工場で、

「あー」

「これじゃ…」

「やっぱり…」

といったメカニックの声が飛び交っているかもしれません。

ATF交換については、以下の関連記事▼にて。

[関連記事]

メルセデス・ベンツのトランスミッションは主にATとDCT。近年、燃費対策からもATの多段化が進行中。メルセデス・ベンツのATF交換は不要?それともATF交換しないとまずい?オートマオイル交換が必要なら交換時期は?慎重に実施したいATF交換。
スポンサーリンク