手洗い洗車の仕方と頻度、ボディ塗装を傷めない道具と方法、奥義

シャンプー洗車

せっかく、憧れていたクルマを購入したならば、洗車時に気を付けたい事がいくつかあると思います。

これは、軽自動車からコンパクトカー、ハイブリッドカー、ミニバン、SUV、ワゴン、メルセデス・ベンツやBMW、アウディ等の欧州車、アメ車まで全て同じです。もちろん、バイクも同様です。

洗車の掟

1. 真夏の炎天下での洗車を避ける

真夏の炎天下でシャンプー洗車すると、水分がどんどん蒸発していきます。シャンプーや水道水に含まれる成分が乾燥して塗装面に固着すると、除去が大変です。

夏場は、ボディが冷えている夕方に洗車した方がいいでしょう。

2. 風が強い日に洗車しない

特に冬場は風が強く、砂埃(すなぼこり)が空気中に舞い上がっています。

風が強い日に洗車すると、舞ってきた砂埃がボディを傷つける原因となります。事情があって、どうしても洗車しなければならない場合は除いて、風が強い日に洗車しないのが鉄則です。

3. ボディに水道水をかけたまま放置しない

水道ホースのノズルを強水流にしてボディの汚れを落とし、そのまま放置すると、塗装の表面に白っぽい水垢が残りやすくなります。これを繰り返していると、ボディの表面が無残な状態になっていきます。

水道水には塩素やカルシウム成分が含まれていますから、洗車したら専用のクロスで拭き取る必要があります。

4. タオル類でボディを拭かない

ボディの表面には砂埃が付着しています。

洗車しても、翌日には細かな砂埃がボディに付着しています。水を絞ったタオル類でボディを拭くと、砂埃が研磨剤と化し、ボディ塗装に傷を付けてしまう可能性が高いです。

手洗い洗車の手順

洗車場の看板

1. ホイールハウス、タイヤとホイールを洗う

【必要な洗車道具】

  • 亀の子たわし
  • スポンジ
  • マイクロファイバーモップ
  • 拭き上げクロス

ホイールハウス

メルセデス・ベンツ、ミシュランタイヤ&ホイール

自動車の足回りが一番汚れています。

そこで、水道ホースの散水ノズルを強水流にセットして、ホイールハウス内の汚れを落としていきます。泥汚れが付着している場合、洗車ブラシを使用します。

ブレーキローター

次に、強水流でブレーキローターの汚れを落とします。(ブレーキローターが冷えていることを確認)欧州車はブレーキダストが大量に出るため、この時、黒い水が出ます。

タイヤ

タイヤの汚れ落としは「亀の子たわし」が使いやすくて便利です。亀の子たわしなら、薄い偏平タイヤでも洗いやすいです。

今や、タイヤサイズが16インチ以上、17や18インチですから、従来のタイヤブラシは全く使えません。

なお、タイヤを洗う時は水洗いが基本。シャンプーで洗う理由もメリットもありません。

タイヤワックス

タイヤワックスは油性と水性の2種類。

油性タイヤワックスは長持ちするメリットがあるものの、タイヤを攻撃する可能性があります。その点、水性タイヤワックスは耐久性や艶の面では油性に劣るものの、よりタイヤに優しい成分と言えます。

水性タイヤワックスの中で、成分が中性でカルナバロウタイプがあります。

【Amazon】

【楽天市場】

シュアラスター Surluster S-67 タイヤワックス

価格:1,060円
(2017/12/7 11:19時点)

ホイール

ホイールの汚れ落としは「スポンジ」が最適。アルミホイールのスポーク形状によっては作業に時間を要しますが、スポンジでブレーキダストを丁寧に洗い落としていきます。

ブレーキダストが取れない場合はケミカルを使用します。汚れが取れたら、強水流でケミカル成分をこれでもか!というくらい徹底的に洗い流します。

【Amazon】

sonax ホイールクリーナー

【楽天市場】

sonax ホイールクリーナー

(※)室内のフロアマットを手入れする場合、最初に洗って乾燥させます。

2. 強水流でボディ表面の汚れを落とす

メルセデス・ベンツEクラスW211洗車

水道ホースの散水ノズルを強水流にセットして、屋根からエンジンフード、トランク、ドア、車体側面の砂埃を落としていきます。

3. マイクロファイバーモップで洗車

水道ホースの散水ノズルをシャワーにセットして、屋根に水を掛けながらマイクロファイバーモップで汚れを落としていきます。

洗車の基本は高い場所から低い場所へ。

外気温が高いと、ボディ表面の水分がどんどん蒸発していきます。このような日は屋根、エンジンフード、トランク、ドアという具合にセクション毎に洗車して、順次、拭き上げていきます。

【Amazon】

マイクロファイバー モップ

【楽天市場】

マイクロファイバー モップ

4. 専用クロスで水分を拭き取る

各メーカーから様々な洗車クロスが販売されています。拭き上げのコツとして、洗車クロスをボディに当てて水分を吸わせるように使うと、傷防止になります。

【Amazon】

拭き取りクロスランキング

【楽天市場】

拭き取りクロスランキング

洗車の奥義

メルセデス・ベンツC63 AMG マフラー

メルセデス・ベンツを含む自動車のボディ塗装のためには、なるべく洗車の頻度、回数を減らしたいもの。

ここで、几帳面なカーオーナーから突っ込みが入るかもしれません。(^^)「DEU-Car.comって、何言ってるの」って?

乗客を乗せる営業用車両は日々の洗車が必要ながら、それ以外の車両をこまめに洗車する必要があるのでしょうか?

手洗い洗車やシャンプー洗車のリスク

この洗車という作業は下手をするとリスクがあります。

例えば、まだ新車登録から年数が経過していないのに、妙にボディにヘアスクラッチ(※)が目立つ濃色車を見かけることがあります。ショッピングモール等の駐車場で、そのような自動車を見かけることがあるのです。

新車の塗装面にヘアスクラッチは確認できません。ところが、新車から2~3年経過して、ボディのヘアスクラッチが目立つようになった場合、その原因は何でしょう?

太陽光の紫外線や大気中の砂埃や風、雨が原因でしょうか?

これは、間違った洗車と手入れ、ワックスがけが原因です。

オーナーが手間と時間をかけて愛車を手入れしたのに、ボディがヘアスクラッチだらけでは、せっかくの愛車が台無しなのです。

(※)ヘアスクラッチ

ボディ塗装の表面に見える、曲線状の髪の毛のような細い傷のこと。洗車やワックスがけが原因で細かなキズが付きやすい。

1. シャンプー洗車の回数を減らす

カー用品店では、ホワイトや濃色車用のカーシャンプーが数多く陳列されています。

そもそも、カーシャンプーの成分は界面活性剤。ホワイト車用シャンプーには、研磨剤が入っているものもあります。

カーシャンプー容器に貼られているラベルには水の希釈倍率が書かれていますから、そのとおりに原液を薄めます。

界面活性剤は簡単には落ちない

カーシャンプーで洗車後、いくら散水ノズルの「シャワーモード」でシャンプー成分を洗い流しても、各部に成分が残っています。試しに、拭き上げ作業に入ろうとする時、今一度、窓枠周囲に強水流を当てると、まず泡が立ちます。

シャンプー洗車後、これでもか・・・というくらいに、しつこく強水流で流さないと、シャンプー成分はなかなか取れないのです。

シャンプー洗車後、塗装表面に残った界面活性剤は後々、ボディ塗装に悪さをすることがありますから、なるべくシャンプー洗車の頻度、回数を減らしたいものです。

2. ワックスがけの回数を減らす

管理人はワックス等のケミカル類を一切、使いません。何故なら、時間的な余裕が無いからです。

カーワックスは大きく、カルナバロウ系とコーティング系に分かれます。

【カルナバロウ系】

カー用品店でカルナバロウ系のカーワックスも数多く陳列されています。

カルナバロウ系ワックスの特徴は圧倒的なボディの輝きです。ボディの表面が濡れたような艶やかな輝きは、カルナバロウ独特のものです。

カルナバロウ系ワックスは数千円以内のものから、1万円を超えるものまで様々です。多くの、いや、ほとんどのカルナバロウ系ワックスは有機溶剤を含んでいます。

何故なら、カルナバロウは非常に高価な素材だからです。

それらの中で、石油系溶剤を含まない本物のカルナバロウ・ワックスはこれです。手のひらでワックスを溶かしながら、ボディに塗布していきます。おそらく、世界一のカーワックスでしょう。

 Zymol/ザイモールWax

大人の事情もあって、詳細は割愛させていただきますが、大切な愛車を手入れするのであれば、有機溶剤を一切含まないカーワックスが理想的だと思います。

【コーティング系】

コーティング系ワックスには、親水性、撥水性、ガラスコーティング等、数多いです。

ワックスがけは簡単なようで、実はそうではないメンテナンス作業に入ります。その道のプロを除いて、多くのカーオーナーはワックスがけの素人です。

ワックス作業で使用する「拭き上げクロスの選択」や「拭き上げ方法」に問題があると、かえってボディ塗装にヘアスクラッチを付けてしまいます。

ワックスをかけるならば、時間的な余裕がある時に丁寧に作業したいものです。また、ボディ全体にワックスがけをすると、時間がかかります。

洗車毎に、屋根 → エンジンフード → トランクという具合に、セクション毎に順番でワックスがけをしてもいいと思います。

3. インテリアにケミカルの使用を控える

メルセデス・ベンツA180-W176

内装パーツ用の「艶出し保護ケミカル剤」が数多く販売されています。

これらの多くは界面活性剤を含んでいますから、長期的にはプラスチックパーツや樹脂を攻撃していく可能性があるでしょう。また、製品によっては、各パーツが妙にテカってしまい、違和感すら抱くこともあります。

メルセデス・ベンツのアッパークラスともなると、シートのみならず、ダッシュボードも革張りです。

インテリアのステアリングホイールやダッシュボード、ドアの内張りは柔らかい綿のタオルに水を含ませたら、固く絞って各部を拭きあげるだけで十分です。

革シートの手入れも同様です。

自動車の本革シートは一部の超高級車を除いて、革の表面がコーティングされています。要は、本革シートの表面は塗装されています。これは、自動車のシートは建物内とは比較にならないほど過酷な環境下で使われるからです。

本革シートにも、なるべくケミカル類の使用は避けて、綿のタオルで軽く水拭きするだけで十分です。

4. 3つの汚れを早めに除去

ボディによく付着する鳥の糞は塗装に悪影響を及ぼすため、早めに洗い流す必要があります。

また、足回りの泥汚れを放置すると、それが錆の発生原因になりますから、同様に洗い流したい。

あと、雪道には、凍結防止剤(塩化カルシウム)が撒かれていますから、走行後、早めに足回りを高圧水流で洗い流したいものです。

洗車とメンテナンス、最後に

洗車

塗料と塗装技術の進歩

自動車のボディに付着する汚れは砂埃(すなぼこり)や排気ガス成分、タイヤ摩耗粉塵、花粉、タール、ピッチ、鉄粉等です。

これらの汚れ成分の中で、「砂埃」や「花粉」「排気ガス成分」は田舎を含めて、日本全国どこでも舞い上がっているものです。

塗料と塗装技術の進歩により、それらの汚れや太陽光の紫外線に対して、ボディ塗装の耐久性が格段に進歩している印象を受けています。

今となっては、洗車をしなくても塗装にとっては大した問題ではないと思います。

もちろん、濃色車は汚れが目立つボディカラーです。

ダークカラー系の自動車を綺麗に乗るためには、小まめなメンテナンスできるオーナーやお金持ち向きと言えるかもしれません。

放置プレイであった三菱アイ(i)

三菱アイ(i)NA 660cc

管理人が今まで所有した自動車の中の1台は三菱アイ(i)。

ほとんど洗車をしないまま、三菱アイ(i)が登録から9年経過しても、塗装の状態は良好でした。アイを手放す時、ボディのヘアースクラッチは、ほとんど確認できませんでした。

アイは雨ざらし日ざらしの環境で使われていましたから、新車時と比べたら、塗装の色褪せが見られるかもしれません。しかし、管理人的には塗装の色褪せは問題ではありません。

ボディの下塗りを含めて、塗装の目的は車体の錆を防止するためのものです。

三菱アイ(i)NA 660cc

三菱アイの汚れが目立つ時、ドアパネルのみ水道水で洗い流す程度。

ボディ全体を洗車する頻度は3~4ヶ月に1回くらい。シャンプー洗車は1年を通して数える程度。

つまり、1年を通してアイは、ほとんど放置プレイ状態でした。

よって、ボディにヘアスクラッチが付きようがないのです。雨上がりの翌日や洗車後、ボディに周囲の景色が映るほど輝きます。

このアイが三菱自動車のディーラーに引き取られていった時、担当の営業マンが塗装の美しさに驚いていました。

シルバー系のボディカラーは汚れが目立たないメリットがあります。ドアに付く黒い縦筋汚れは、水洗い、またはその部分だけ軽くシャンプー洗車するだけ。

三菱アイ(i)と9年間の生活で、ボディ塗装の塗膜が薄い軽自動車であっても、ほとんど放置状態で塗装に何ら問題が出ないことが証明されました。

多くの自動車は不適切な人的な作業によって、かえって塗装のコンディションを悪化させてしまっているケースの方が多いと思われます。

なお、中長期的には、塗装表面の鉄粉の影響は無視できません。鉄粉の除去作業には、技術的なノウハウが必要なこともあります。鉄粉が気になるようなら、腕のいい専門の磨き屋さんに依頼するのも選択肢の一つだと思います。

住宅の外壁塗装

住宅地の家

話は変わりますけど、塗装についてあれこれと書いてきて、家の外壁塗装が頭に浮かびました。

家の外壁塗装は10年から長くても15年以内に1回は必要とされます。太陽光の紫外線や熱、その他、大気中に含まれている成分によって、外壁塗装は徐々に劣化していきます。

その期間、家の屋根から外壁まで、こまめに洗っている家主がいるでしょうか?

技術力が高い、信頼できる外壁塗装業者に外壁の塗り替えを依頼すれば、塗装後、10年以内に塗装が劣化してトラブルが発生することは、まず無いと思います。

もし、トラブルが発生した場合、建物の老築化により、屋根や外壁の部材そのものの劣化が原因でしょう。

建築物の外壁塗装の塗料も確実に進化しています。

建築物の塗装は砂埃等の堆積を言わば味方にしています。時には、堆積物が風雨で流され、再び砂埃が堆積し、その繰り返しです。

話を戻しますと、

自動車は移動を繰り返し、人目に触れる動産。

ボディの汚れを気にするオーナーもいれば、あまり意に介さないオーナーもいます。当ブログの管理人は、あまりボディの汚れを気にしないタイプに入ります。

日本人は他国と比べて几帳面な国民性を持っていますから、日本国内の自動車は概ね輝いています。ネットで「洗車」に関して検索すると、中には几帳面を超えて病的なほど洗車にこだわる記事が見受けれらます。

日本には、特有の洗車文化があるような気がします。

可能なら、ガレージを確保したい

一戸建ての家の車庫やマンションの地下駐車場は自動車にとって理想的な駐車環境です。

このような環境であれば、クルマは雨風や砂埃の影響を受けませんから、ボディが汚れません。また、太陽光の紫外線の影響も受けませんから、良好な塗装コンディションを長く保つことができます。

特に、ソリッドカラーの系のボディカラーは紫外線によって、退色しやすい傾向があります。

しかし、これは住宅事情が絡む問題ですから、簡単な話ではありません。

もし、住居が一戸建てで敷地内に駐車スペースを確保できるのであれば、やはりカーポートや本格的なガレージを設置したいものです。

屋根付きの駐車スペースがあるだけで、自動車は風雨や太陽光の影響を受けにくくなりますから、洗車の回数も減ります。

詳細は関連記事▼にて。

[関連記事]

自動車の塗装技術の進歩により、雨ざらし日ざらしの環境下でも、塗装の耐久性が伸びています。しかし、青、赤、黄、緑系のソリッドカラーのボディは退色しやすい傾向があります。そこで、ガレージの設置を検討する際、車庫の価格を含めた各特徴を比較!
ガラス撥水剤の中で歴史が長い元祖スーパーレインX。ガラス撥水剤を塗布する前、できればガラス表面の油膜を除去したい。そこで活躍するのがキイロビン・クイックマジックゴールド。これらの使い方を分かりやすく解説。雨の日が安全で楽しくなることは間違いなし!

メルセデス・ベンツのボディ塗装を傷めない洗車の仕方と頻度、奥義 End

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク