ガラス撥水剤レインエックスとガラス油膜取りキイロビンの使い方

雨の高速道路 by C200-W204

ガラス撥水剤は便利なグッズ。

メルセデス・ベンツの全てのガラスにガラス撥水剤を塗りこんでおくと、雨の高速道路でフロントガラス以外に水滴がほとんど付きません。驚くほど、視界がクリアになります。

管理人は、長くガラス撥水剤を愛用しています。

自動車を購入したら、新車を除いて、面倒でもガラスの油膜を除去しておいた方が撥水剤の効果を発揮しやすくなります。

ガラス撥水剤を塗る前の下地処理です。

管理人は油膜取りグッズとして、PRO STAFFのキイロビンを愛用しています。

キイロビン・クイックマジックゴールド

キイロビン・クイックマジックゴールドはキイロビンの進化版。

管理人は長い間、キイロビンの愛用者。キイロビンは便利なグッズですけど、少々、使い勝手が良くない点がありました。

それは、従来のキイロビンの場合、ガラス表面にこびりついた油膜の除去作業に少々手間がかかるのです。油膜の付着具合にもよりますけど、フロントガラスの油膜を除去するまで、丁寧に作業すると20~30分はかかることもありました。

その問題を解決したのが、進化版「キイロビン・クイックマジックゴールド

実際、キイロビン・クイックマジックゴールドを使用すると、明らかに油膜除去の作業がラクになっています。従来のキイロビンとクイックマジックゴールドは管理人が愛用のグッズ。

【Amazon】


【楽天市場】

キイロビンの使い方

キイロビンを使って油膜を除去する作業をする上で、少々コツが必要です。詳細は動画にて。

キイロビンでガラス表面の油膜を除去したら、水で洗い流します。

この時、ガラス表面に水滴が残る部分があれば、そこは、まだ油膜が残っている証拠

再度、キイロビンで油膜を除去していきます。油膜の付着具合にもよりますけど、この作業を何回か繰り返すことで完全に油膜を除去できます。

仕上げは、ガラス撥水剤を塗布

キイロビンでガラスの油膜を除去したら、なるべく、当日中にガラス撥水剤を塗布します。

これは、撥水剤の塗布作業を後日に先延ばしして、なんだかんだで何か月以上も経過すると、再びガラスが油膜の影響を受けてしまうからです。

ガラス撥水剤のメリット1

フロント、リヤ、ドアガラスの全てにレインXを塗布しておけば、雨天時の一般道から高速道路まで、視界が明らかに向上します。

また、雨天時の一般道で、前車を追い抜く時や追い越す時、前車が巻き上げた水しぶきが自車のフロントガラスに覆いかぶさることがあります。この時、ガラス撥水剤を塗布してあれば、一瞬で水をはじいてくれます。

あと、対向車が巻き上げた水しぶきに対しても同様です。

ある意味、自己満足なのかもしれませんけど、ガラス撥水剤を塗布しておけば、明らかに安全運転に繋がります。もちろん、雨の夜間走行時も安心です。

ガラス撥水剤のメリット2

自動車の全てのガラスに撥水剤を塗布しておくと、明らかに油膜と水垢、ウロコが付きにくくなるメリットがあります。

後々、キイロビンでガラスをメンテナンスするならば、最初にメンテナンスしておいた方がいいかなと思います。

ガラス撥水剤のメリット3

全てのガラスに撥水剤を塗布しておくと、冬季の降雪時、ガラスが雪で凍結しにくくなります。

ガラスが凍結しないわけではありませんけど、出発前の雪落としが楽になります。

ガラス撥水剤のメリット4

車のガラスに撥水剤を塗布しておけば、ガラスの手入れが楽になります。

管理人は車で出発する前、硬く絞った雑巾でフロントガラスからリヤガラスまで汚れを拭く作業が長年の習慣になっています。冬季は砂埃がガラスに堆積しやすく、春の時期は黄緑色の花粉が堆積します。

管理人はあまり洗車することはありませんけど、ガラスの汚れには注意を払います。

フロントガラスからリヤガラスまで撥水剤を塗布しておくと、汚れ落としが楽でカンタンです。

元祖ガラス撥水剤、レインX/rain・X

複数のメーカーからガラス撥水剤が販売されています。それらの中で、管理人が長く愛用している撥水剤は「元祖スーパーレインX」。

かつて、ガラコを使ったことがありますけど、持続性が短いこともあって、スーパーレインXに戻りました。

(各製品は日進月歩で進化していると思います。あくまで、過去の使用感ですからご了承ください。)

【Amazon】

スーパーレイン・X THE BIG 8483[HTRC 3]

新品価格
¥598から
(2017/7/31 17:30時点)


【楽天市場】

撥水剤のパイオニア、レインエックス

[スーパーレインエックスの塗布後]

Before

Before-ガラス撥水剤の塗布前

Before-ガラス撥水剤の塗布前

After

After-ガラス撥水剤の塗布後

After-ガラス撥水剤の塗布後

これで、パーフェクト!

メルセデス・ベンツの雨水処理

メルセデス・ベンツのガラスにガラス撥水剤を塗布すると、いくらガラスを乾拭きしても表面に白い筋が残ります。何故なのかは不明ながら、メルセデスのガラス表面は日本車のそれとは違いがあるようです。

メルセデスのガラス表面は何らかの加工が施されているのかもしれません。

いずれにしましても、メルセデスのガラスに撥水剤を塗布したら、白い筋は気にしないことです。白い筋は、徐々に消えていきます。

雨天時、ガラスとドアミラーに水滴が付きにくい

雨天時、メルセデス・ベンツのドアガラスとリヤガラスに水滴が付きにくい特徴があります。これは、ドアミラーの鏡面を含めての話です。

車速が上がっていくと、ドアガラスとリヤガラス表面の水滴が空力によって、後方に流れていきます。ガラス面に撥水剤を塗布していなくても、60~70km/hあたりから、この効果が表れ始めます。

ドアミラーの空力

メルセデス・ベンツC200-W204-ドアミラー

伝統的にメルセデスのドアミラー本体の周囲に溝が彫られています。この溝が空気の流れを整流し、ミラーに水滴が付着しにくくなるようです。

ワイパーONでも、雨水がドアガラスに流れない

メルセデス・ベンツの場合、雨天時にワイパーを作動させても、雨水がドアガラスに流れてきません。これは、ボディ設計上の理由があります。

メルセデスのAピラーには、レインレール(深い溝)が設置されています。

メルセデスのレインレール

【1】ワイパーの作動により、レインレールが拭われた雨水をキャッチ。

(レインレールが住宅の雨どいのような役目を果たします。)

【2】走行風により、雨水がレインレールに沿ってAピラーの上部へ流れていく。

【3】Aピラーの上部に達した雨水は屋根に流れていく。

よって、雨天の走行中、雨水がドアガラスに流れてきません。この技術は勿論、安全性の確保のためです。

リヤワイパーが無い

メルセデス・ベンツのセダンとクーペは歴史的にリヤワイパーが未装着です。(ワゴンとVクラスはリヤワイパーが標準装備。)

これは、メルセデスのボディは空力を考えて設計されているため、一定の速度以上でボディの表面を流れる空気が雨水を流してくれます。

メルセデスは空気の流れを味方にして、ガラス表面の雨滴が上手く後方へ流れていくようにボディが設計されています。

[関連記事]

メルセデス・ベンツを含む自動車やバイクの洗車方法と頻度には、間違った常識があるようです。間違った用品と方法で洗車を繰り返していたら、愛車のボディはキズだらけに・・そんなことにならないために、非常識とも言える"超"簡単な洗車の奥義はこちら!
スポンサーリンク