お買い得メルセデス・ベンツ中古車と3つの注意点アリの中古車とは?

メルセデス・ベンツGLEクーペ

初代メルセデス・ベンツAクラス(W168)の誕生以来、メルセデスがぐっと身近な存在になりました。

3代目のAクラス(W176)のボディは従来の5ドアハッチバックを踏襲しながら、全高が160mm低くなり、よりスポーティーなデザインが採用されました。

Aクラス A180(W176)のエントリーモデルの新車価格は298万円ということもあって、より競争力がUp。それと同時に、メルセデスの中古車が身近な存在になっています。

メルセデス・ベンツのラインアップが拡大

DEU-Car.com管理人、Mr.
H君、知ってるかな?

そもそも、メルセデス・ベンツのAクラスからCクラスは無かったんだ。 

男性スタッフ、Hさん(20代)
  エッ、そうなんですか?
DEU-Car.com管理人、Mr.
メルセデス・ベンツCクラスが誕生するまでは、

コンパクトな190E(W201)とミディアムクラスの220E、280E、300E等のW124、そして、300SE、560SEL等のSクラスが基本的なラインアップだった。

DEU-Car.com管理人、Mr.
1993年、メルセデス・ベンツ Cクラスの輸入販売が始まり、1997年にAクラス、2005年にBクラスの販売が始まったんだ。

この時点で、メルセデス・ベンツのAからCクラスのラインアップが揃った経緯がある。

メルセデス・ベンツの中古車流通量も増加

メルセデス・ベンツGLEクーペ

男性スタッフ、Hさん(20代)
メルセデス・ベンツのラインアップは拡大を続けているということですか?
DEU-Car.com管理人、Mr.
そうだね。

近年、メルセデスは一大フルラインアップメーカーになりつつある印象を受けるね。

Cセグメント以上のハッチバック、セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレ、SUV、ミニバンまで一通り揃っている。

あと、スマートも。

このような背景もあって、中古車市場で多種多様なメルセデスが流通しているんだ。

男性スタッフ、Hさん(20代)
いろいろと中古のメルセデスを選べるということですね!
DEU-Car.com管理人、Mr.
選び放題と言ったら言い過ぎかもしれないけど、それに近いものはあると思うね。

Cクラスセダン、ワゴンの新車価格は500万円前後の価格が高いクルマ。

ところが、中古車市場では、モデルや年式、走行距離、コンディションにもよるけど、お買い得なCクラスを見つけやすくなっている。

これは、AもBクラスも同様。

男性スタッフ、Hさん(20代)
中古車情報サイトでリサーチすると、もちろんモデルと年式、コンディションにもよりますけど、新車に比べてお買い得感があるモデルが結構見つかります。

メルセデス・ベンツの中古車の中で、なぜ安いモデルがあるのですか?

DEU-Car.com管理人、Mr.
1つ目の理由は日本市場では、新車のメルセデス・ベンツを購入する人が多いから。

まず、中古車の価格は需要と供給のバランスで決まってくる。需要が少なければ、中古車価格は安くなる。

2つ目の理由は、

当然、コンディションが良くない中古車は安くなるよね。

男性スタッフ、Hさん(20代)
メルセデスに憧れるけど、新車はチョット…という人にとって、ベンツの中古車は狙い目ですか?
DEU-Car.com管理人、Mr.
そう思います。

もちろん、中古車はピンキリの世界だから、慎重に選ぶ必要はあるけどね。

メルセデス・ベンツの中古車選び

メルセデス・ベンツGLEクーペ

メルセデス・ベンツ-中古車選びの注意点

男性スタッフ、Hさん(20代)
メルセデス・ベンツの中古車選びで、注意点は何ですか?
DEU-Car.com管理人、Mr.
私は中古車屋ではないから、あくまで1ユーザーとしての経験から話してみましょう。

中古車選びのポイント1

DEU-Car.com管理人、Mr.
1つめのポイントはクラス選び。

AクラスよりCクラス、CクラスよりEクラス、EクラスよりSクラスの順番で、機械と電装品の部品点数が多く、設計が複雑になっている。

単純に、部品点数が少ない機械ほど、それだけ故障の発生率が低くなる傾向はある。

中古車である以上、消耗部品はもちろん、他のパーツも劣化が進んでいる可能性を予め頭に入れておく必要があるね。

男性スタッフ、Hさん(20代)
ネット検索すると、メルセデスの修理代で「30万、50万、100万!」といった記事が出てきますけど、どこまで信用していいのやら…
DEU-Car.com管理人、Mr.
インターネットの世界は出所元が定かではない、根拠が無い情報が拡散することがあるからね。

確かにATのトラブルが発生すると、故障内容によってはそれなりの修理費用が発生するかもしれない。

定期的な点検整備とエンジンオイル、ATF交換を実施すれば、まず深刻なトラブルには至らないでしょう。

逆に、なぜオートマ故障のトラブルが発生するのか不思議です。

[関連記事]

欧州車は高速走行が前提で設計されています。日本の道路は信号機が多く、頻繁な発進と停止の繰り返しはメルセデス・ベンツのATにとって過酷な環境です。多段化が進むメルセデスの多段AT/オートマ故障を予防し、長持ちさせる3つの操作方法はこちら!
メルセデス・ベンツのトランスミッションは主にATとDCT。近年、燃費対策からもATの多段化が進行中です。メルセデス・ベンツのATF交換は不要?それともATF交換しないとまずい?オートマオイル交換が必要なら交換時期は?慎重に実施したいATF交換。

DEU-Car.com管理人、Mr.
ただ、登録から10年以上の過走行車で、ATF交換の履歴が不明な場合、ATのトラブルが発生する可能性はゼロとは言えない。これは、日本車も同様。

ATにトラブルが発生したら、専門の整備工場でオーバーホールが必要になる。

その他、メルセデスのアッパークラスに搭載のエアサス(AIRマティックサスペンション)は消耗部品。

メルセデス・ベンツのエアサスは走行距離が8~10万kmほどで要交換パーツ。これは、高額な修理費用がかかる。

男性スタッフ、Hさん(20代)
メルセデスのラインアップの中で、Cクラス以下はメンテナンス費用があまりかからない。

ミドルクラスからアッパークラスは、それなりに機械が高級だから、相応のメンテナンス費用がかかると考えていいですか?

DEU-Car.com管理人、Mr.
大雑把に、そのように考えていいね。

こじんまりとした家は維持管理費が安く上がる。一方、大きな家の維持管理費は高くなるのと同じだね。

中古車選びのポイント2

DEU-Car.com管理人、Mr.
2つめのポイントとして、

メルセデスに限らず自動車は一旦、登録するだけで値落ちする耐久消費財であり動産。

マンションだって、概ね新築マンションを購入すると15%ほどは値落ちする。これは不動産だけどね。

新車を購入すれば、当然、残存価値がじわじわと下がっていく。高年式の中古車はそれなりの販売価格だけど、登録から年数が経過するほど、中古車価格は安くなる。

新車登録から、何年落ちの中古車を選ぶのかがキーポイント。もちろん、走行距離も含めて。

男性スタッフ、Hさん(20代)
乗りたいモデルは、すぐに決まるかもしれませんけど、何年式のモデルを選んだらいいのか結構、悩む人が多いかもしれませんね。

もちろん、予算の範囲内で。

DEU-Car.com管理人、Mr.
中古車の価格は需給バランスと年式、程度によって様々。

ただ、妙に安い中古車は理由がある。中古車でも、めっけもんは無いと考えよう。

中古車選びのポイント3

DEU-Car.com管理人、Mr.
3つめのポイントとして、

古い年式のメルセデスはメルセデス愛好家向きかな。

DEU-Car.com管理人、Mr.
メルセデスは新車登録から8年、8万kmあたりから、細かな故障が出始める可能性がある。これは日本車も同じ。

特に、重量級のボディにハイパワーエンジンを積んでいるメルセデスはエンジンの熱が原因で、エンジンルームのコネクターやワイヤーハーネスの劣化が進みやすい。

また、足回りの負担も大きいため、ブッシュ類の劣化も早まる。あと、エンジンマウントも。

これは、日本車も同じで、ハイパワーエンジンを積んでいるモデルは各部の負担が大きくなるから、各パーツの劣化が早まる。

男性スタッフ、Hさん(20代)
あらゆる物に、物理の法則が働いているということですね。

では、ハイパワーエンジンを積んでいるモデルより、ノーマルエンジンを積んでいるモデルの方が故障が少ないということですか?

DEU-Car.com管理人、Mr.
そのような傾向があります。

ちなみに、古いメルセデスでも、探せばパーツはいろいろと出てくるからね。

補修部品の価格は概ね新車価格に比例する。ヤフオクや海外を含む通販を利用して、補修部品を入手する方法は多々あるけどね。

よって、古いメルセデスはレストアが苦にならないオーナー向きだと思う。

男性スタッフ、Hさん(20代)
メルセデスの世界は幅広くて、奥が深そうですね。

あなたにピッタリのメルセデス・ベンツ中古車選び

メルセデス・ベンツGLEクーペ

メルセデス・ベンツの高年式中古車

DEU-Car.com管理人、Mr.
安心して買える中古のメルセデスは、まず高年式中古車。

新車登録から3年以内のモデルなら、走行距離は3万km前後が目安。メルセデスの高年式中古車ならば、概ね新車に近いコンディション。

ボディ剛性は新車レベル。

丁度、エンジンの調子が良くなってきて、サスペンションの当たりが付いてきた頃だね。

男性スタッフ、Hさん(20代)
青い果実が熟してきた頃?
DEU-Car.com管理人、Mr.
上手いこと言うね~

機械物は当たりが付いてくると、調子が良くなるのは事実。

DEU-Car.com管理人、Mr.
次に、

新車登録から3年経過して、初回の車検を受けているメルセデスも候補に入る。メルセデスケアを受けてきた車両だから、油脂類は定期交換されているしね。

想像以上に身近なメルセデス・ベンツの中古車

DEU-Car.com管理人、Mr.
日本市場では、未だにメルセデス・ベンツは高級車で、うかつに近寄れない世界というような「空気」があるかもしれません。

ちょっと検索すると、メルセデスの修理金額が目に飛び込んできて、それを真に受けてしまう人がいるかもしれない。(^^)

もちろん、アッパークラスのメルセデスは別格。機械も電子制御も高級だから、走行距離に比例して、相応のメンテナンス費用が発生する。

DEU-Car.com管理人、Mr.
ところが、AからCクラスのメンテナンス費用は日本車とたいして変わらないのが実情。
男性スタッフ、Hさん(20代)
メルセデスのAからCクラスの中古車はグッと身近な存在なんですね。
DEU-Car.com管理人、Mr.
そうです。

中古車の購入時、現車を確認する?ネットで購入する?

メルセデス・ベンツGLEクーペ

現車を確認して購入

DEU-Car.com管理人、Mr.
ネットでも自動車を買えるけど、気になるメルセデスが見つかったら、できれば、店舗で現車を見ながらスタッフとコミュニケーションしたいね。
男性スタッフ、Hさん(20代)
その方がいいですか?
DEU-Car.com管理人、Mr.
できればね。自動車は高価で諸々の手続きも必要。

「中古車選びは、店と人選び」と言われる。

その道のプロでさえ、中古車の仕入れは難しい世界。プロではないお客さんが現車を確認しても、全てを把握することはできないよ。

男性スタッフ、Hさん(20代)
それは、そうですね。

私のSUBARU BRZは店で買いましたけど、調子いいですよ。

ネットで中古車を購入

DEU-Car.com管理人、Mr.
ただ、今の話が全てとは言えないところもある。

中古車情報サイトで、気になる中古車の条件にチェックを入れて検索すると、候補がいくつも表示される。

各店舗の中古車の写真や情報を閲覧することで、その店の雰囲気がある程度は伝わってくる。

もし、中古車の写真が綺麗とは言えず、中古車情報も舌足らずであれば、それは少々、疑問に思うよね?

堅実な経営をしている車屋さんであれば、仕入れた中古車を一通り点検、手入れして、写真撮影に気を配り、その中古車の特徴をきちんとした言葉で書いて説明するよ。

DEU-Car.com管理人、Mr.
一例として、現車を1度も見ないで中古ベンツを通販で購入している方もいる。このページ。

 メルセデス・ベンツ SLK230コンプレッサー(R170)通販購入記

男性スタッフ、Hさん(20代)
上のリンク先を閲覧しました。これは、お買い得なSLK230に見えますね。

購入された方は、ネットでSLK230を購入後、メルセデス・ベンツの専門整備工場で点検を受けている念の入れようです。

HONDA S660より、SLK230の方に惹かれるかもです。

DEU-Car.com管理人、Mr.
リンク先の文章を読むと、本当そのとおりだと思います。

自動車に限らず、ビジネスマンとして日本の社会的な常識があれば、ある程度以上の物やサービスを提供する。そういう中古屋さんで中古車を購入したいですね。

中古車情報サイトでメルセデス・ベンツを探す

中古車情報サイトでメルセデス・ベンツを探す際、予めモデル決めておくとスムースです。

【ガリバー/Gulliverでメルセデス・ベンツを探す】



ガリバーの中古車販売

【カーセンサーnetでメルセデス・ベンツを探す】


30万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』

個人売買サービスでメルセデス・ベンツを探す

個人売買サービスサイトを利用すると、メリットとして消費税0円です。

中古車屋さんで100万円の中古車の消費税8%は「8万円」。200万円の中古車なら「16万円」。この金額が「0円」ですから嬉しいですよね。

そして、Gulliverフリマなら「ガリバー査定済」「選べる整備、保証」「カンタン手続き」「完全匿名制」です。

Gulliverフリマ-トクで安心な個人売買サービス



ガリバーフリマ

[関連記事]

メルセデス・ベンツCクラスW205を見かけることが多くなりました。W205は先代のW204よりボディが拡大され、全長:4690mm,全幅:1810mm(セダン)。先代のW204を含めて2017-2018年のベストバイ、買いのメルセデス・ベンツCクラスはこれ!
今、メルセデス・ベンツの多くは右ハンドルです。左ハンドル車は、一部のアッパークラスのみ。ベンツは右ハンドルと左ハンドルのどちらがいいのでしょう?あと、下取りに出す時、右ハンドルと左ハンドルで買取査定額に差がつくのでしょうか?詳細はこちら。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク