メルセデス・ベンツのディーラーとディーラー以外の格安車検の費用

自動車の車検、点検

自動車の車検を受ける場合、ディーラー車検、民間車検(民間整備工場の車検)、フランチャイズ店の車検、カー用品店の車検、ガソリンスタンドの車検、車検代行、ユーザー車検があります。

どのように愛車の車検を受けるかは、オーナーの考え方次第。

ご存じ、自家用乗用車の場合、新車登録から3年目、それ以降は2年毎に車検を受ける必要があります。どのような方法であれ、愛車を車検に通すことで継続して車の運行が可能です。

業者に車検を依頼する理由

自動車の車検を受ける上で、ディーラーや整備工場で車検を受けなければならない決まりはありません。

オーナーが直接、運輸支局や自動車検査登録事務所に自動車を持ち込んで、ユーザー車検を受けている場合もあります。

もちろん、整備のプロではないオーナーでも日常点検はできます。

しかし、多くの自動車オーナーは自動車整備のプロではありませんし、点検のための専用設備や専用工具もありません。よって、多くのオーナーは車両の各部を点検して、問題がある箇所の修理や部品交換が容易ではありません。

そこで、多くのオーナーは専門業者に車検を依頼します。

メルセデス・ベンツの車検費用

メルセデス・ベンツのリモコンキー

メルセデスの車検費用が高くなる場合、その多くはパーツ交換が理由です。

250万円の日本車と500万円のCクラスを比較すると、大雑把にCクラスの各パーツ価格は日本車の2倍です。

しかし、実際はそうとも言えず、Cクラスのブレーキパッドやブレーキローターの価格は日本車のそれとほとんど差がありません。

他方、メルセデスの電装系パーツ、センサー類等は日本車のそれと比べて割高感があります。メルセデスの電装系は高度な先端技術が投入されているため、もし不具合がある場合、ディーラーは該当パーツをアッシー/ASSY交換します。

これが理由で、車検時のパーツ交換が車検費用を押し上げます。

メルセデス・ケア

メルセデスには新車登録から3年間、走行距離無制限のメルセデス・ケアが付いています。これは、認定中古車も同様です。

Cクラスの新車登録から3年間は過走行を除いて、メンテナンス費用はほとんど発生しないと考えていいでしょう。そして、新車から7年目(3回目の車検)までのメンテナンス費用は日本車とほとんど変わらない車両が多いと思います。

もちろん、自動車がシビアコンディションに該当する場合、各パーツの劣化が進みます。

メルセデス・ベンツの車検

メルセデス・ベンツの車検を受ける際、選択肢は複数あります。ディーラー車検からユーザー車検まで、それぞれ特徴とメリットとデメリットがあります。

それらの中で、自分と愛車にマッチする車検選びが納得できる車検ではないでしょうか。

ディーラー車検

メルセデス・ベンツ看板

ヤナセやシュテルンのようなメルセデス・ベンツ正規ディーラーは専用設備と工具を完備しています。そして、メルセデスの整備を担当する整備士はメルセデス専門の教育を受けています。

正規ディーラーは特定車両に特化していますから、長年の経験を持つメルセデス・スペシャリストが存在します。

メリット

正規ディーラーでは、メルセデス・ベンツに精通している整備士がメルセデスを点検整備するため、各モデルの特徴やウィークポイント等も把握しています。

更に、車検時の点検56項目にプラスして、ダイムラー社が指定する点検項目をチェックします。

今日のメルセデス・ベンツは高度に電子制御化されているため、正規ディーラーはメルセデス・ベンツ専用テスターDAS診断機(Star Diagnosis System/スター・ダイアグノーシス・システム)を完備し、メルセデスの電装系を診断します。

次に毎年、メルセデス・ベンツ正規販売店のスタッフが参加する「テックマスターズジャパン」という大会が開催されています。これは、メルセデスを扱うメカニックの技術力の向上とサービスアドバイザーの適切なサービス向上を図るのが目的です。

以上がディーラー車検の安心感に繋がっています。

デメリット

メルセデスの正規ディーラーは全国の幹線道路に建物を構え、最新設備が揃っています。

車検時、不具合箇所があればアッシー交換が基本となるため、パーツ交換費用が発生します。また、メルセデスに精通した整備士が点検整備することからも、それなりの工賃が発生し、車検費用が高くなります。

このようなオーナー向き

多少、車検費用が高くても、きちんと愛車を点検整備したいオーナー。

民間車検(民間整備工場の車検)

整備工場

民間整備工場には「指定工場」と「認証工場」の2つがあります。

[指定工場]

指定工場は車検のための検査ラインを完備し、その工場で自動車の点検整備から車検までが完結します。

[認証工場]

認証工場は自動車の点検整備を行い、その車を車検場に持ち込んで審査を受ける必要があります。

メリット

民間整備工場の車検費用は正規ディーラーより安い価格設定です。

民間整備工場の整備士は幅広い車種の点検整備を行うため、守備範囲が広いと言えます。長いキャリアを持つベテラン整備士も多く、クオリティの高い点検整備を受けられる工場もあります。

部品交換が必要な場合、パーツによってはリビルド品で対応してくれる場合があります。また、メルセデスに精通している整備工場はアッシー交換ではなく、不具合箇所を修理できる場合があります。

デメリット

民間整備工場は全国に数多く、工場の規模も様々です。

工場によっては得手不得手があって、輸入外車の点検整備を受け付けてくれない場合があります。また、担当整備士の点検整備技術に幅があります。

このようなオーナー向き

ディーラー車検より、車検費用を数万円でも抑えたいオーナー。

民間車検業者を探すなら

【EPARK車検】

格安な車検を検索、比較ができる車検予約サイト。

全国対応『お宝車検.com』車検見積り・予約申込み

【グー車検】

グーが提供する車検取次サービス。【折り返し電話予約】ボタンからご予約ください。

そんなあなたにGoo車検

フランチャイズ車検

レンタカー受付

車検専門のフランチャイズ車検工場として、ホリデー車検、ヤマト車検、車検のコバック、アップル車検等が知られています。

メリット

分かりやすく、安い価格設定が特徴です。

点検整備の内容がマニュアル化され、同じ屋号のフランチャイズ車検工場であれば、均一のサービスを受けられます。

デメリット

基本的に法定点検項目以外の点検整備は実施しません。

このようなオーナー向き

愛車を車検に通すのが第一で車検費用を抑えたい、何か不具合が出た時点で整備工場に相談を考えているオーナー。

フランチャイズ車検を探すなら

【ホリデー車検】

北海道から沖縄まで、250店舗の加盟店が不要な

整備を省いてリーズナブルな車検を提案。

ホッ、とリーズナブルな車検♪ 「ホリデー車検」

カー用品店の車検

オートバックスやイエローハットの各店舗では、カー用品やパーツの販売、取り付けのみならず車検にも力を入れています。

メリット

油脂類や各パーツの交換が必要な時、純正部品のみならずオーナーは店舗内の各種製品から選ぶことができます。

デメリット

カー用品店の点検整備のクオリティは民間整備工場に準じます。

このようなオーナー向き

愛車を車検に通すのが第一で車検費用を抑えたい、何か不具合が出た時点で整備工場に相談を考えているオーナー。

ガソリンスタンドの車検

多くのオーナーは自宅周辺や通勤途上のガソリンスタンドを利用していると思います。日頃、ガソリンスタンドに出入りしていることもあり、身近で手軽です。

業務提携を結んでいる民間整備工場に車検を依頼しているガソリンスタンドもあれば、ガソリンスタンドに常駐の国家整備士が車両を点検整備することもあります。

メリット

安い価格設定で手軽に車検を受けることができます。ガソリンスタンドだからこそ、身近で手軽です。

デメリット

整備士の点検整備技術に幅があると言えます。

このようなオーナー向き

身近なガソリンスタンドは便利です。愛車を車検に通すのが第一で車検費用を抑えたい、何か不具合が出た時点で整備工場に相談を考えているオーナー。

車検代行

代行業者は車検場に自動車を持ち込み、検査ラインで検査を受けるまでのパートを代行します。

メリット

格安で車検を受けることができ、迅速です。

デメリット

点検整備を行わない代行業者もあります。

このようなオーナー向き

フランチャイズ車検やガソリンスタンド車検より車検費用を抑えたい、何か不具合が出た時点で整備工場に相談を考えているオーナー。

ユーザー車検

オーナー自身が車検場に愛車を持ち込み、書類を揃えて車検を受けます。

メリット

何といっても、格安車検はユーザー車検です。一番、車検費用が安く済みます。

デメリット

それなりに、下準備とユーザー車検に関する情報収集が必要です。

このようなオーナー向き

車検費用を格安に抑えたい。ユーザー車検に関する情報入手はいとわない。何か不具合が出た時点で、整備工場に相談を考えているオーナー。

車検をやめて、今のうちに自動車を高く売るのも手

ディーラーや民間整備工場に車検の見積りを依頼して、車検費用が想定以上に高額になるようでしたら、愛車の売却を検討するのも手です。愛車の売却資金を次の車両購入費に充当すればいいのです。

自動車を買い換える際、ディーラーや自動車販売店に愛車を下取りに出す前に、査定サイトを利用して、複数の買取専門店が提示する買取価格を比較すれば、高値で愛車の売却も可能です。

中古車相場は一部を除いて、概ね月日と共に下がっていきます。そして、まだ車検が残っている自動車の方が買取業者の買取価格は高くなります

愛車を車検に通そうか、それとも売却しようか検討中でしたら、とりあえず、愛車の査定価格を調べてみるのも方法です。

ネットなら、無料愛車の査定を依頼できますから、損はありません。

SellCa/セルカで車を高く売る

オークション形式の車査定サービス、セルカなら、営業電話と車の査定は1回だけ。一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることはありません。複数回の業者対応と査定が煩わしい人はオークション形式がお勧め。

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

ユーカーパックで車を高く売る

オークション形式の車査定サービス、ユーカーパックなら、営業電話と車の査定は1回だけ。一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることはありません。複数回の業者対応と査定が煩わしい人はオークション形式がお勧め。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

[関連記事]

ヤナセディーラーでC200-CGIブルーエフィシェンシーの3回目の車検を実施。C200の年間走行距離が少ないため、整備内容は法定2年点検と消耗部品の交換のみ。車検整備の内容と車検費用を書き出してみました。日本車とさして変わらない維持費です。
想像以上に身近なメルセデス・ベンツA,B,Cクラスの中古車。お買い得なメルセデス・ベンツの中古車と注意点アリの中古車の違いとは?ネットで中古車を購入、実車を確認して購入のどちらがいい?ベンツ中古車を購入前に必須のチェックポイントはこちら!
車を売却するなら要注目のオークション形式の車査定サービス、CellCa/セルカとユーカーパック。営業電話と査定は1回だけ。車一括査定業者の電話対応と交渉が煩わしいオーナー向き。ディーラー下取りに出す前に愛車を高く売るならこちら。
スポンサーリンク