メルセデスCクラスC200のオイルレベルゲージが折れた!交換を実施

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204-オイルレベルゲージ破損

2018年2月に車検を受けたばかりのCクラスC200。

車検時にエンジンオイルを交換したばかりながら、エンジンフードを開けたついでに一応、エンジンオイルの量と色を確認しようとした時…

オイルレベルゲージが破損(・・;)

オイルレベルゲージを引き抜こうとした瞬間、いやな感触が手に伝わってきました。

「ポキッ」

「Umm?」

オイルレベルゲージの上部、O形状のリング部分の根元からポキッと折れてしまったのです。

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204-オイルレベルゲージ破損

今まで長年、車を所有してきて、今回のような経験は1度もありませんでした。

なぜ?

と思いましたが、オイルレベルゲージを引き抜く方向がまずかったのかもしれません。まずかったのでしょう。世の中、このようなレアケースもあるということで仕方がありません。

ヤナセでオイルレベルゲージを注文

メルセデス・ベンツCクラスC200-W204-オイルレベルゲージ破損

▲オレンジ色のプラスチック製パーツの中心に見えるシルバーの部分がワイヤー製オイルレベルゲージの頭部。

日本車のオイルレベルゲージはプラスチック製が多いようですけど、CクラスW204のゲージはワイヤー製で上部はプラスチック製。

オイルレベルゲージのリング部分の根元から折れてしまったこともあり、金属ワイヤー製のオイルレベルゲージはエンジン側のパイプ内に残ったまま。

よく覗いてみると、DIYでこれを取り除くのは容易ではない様子。

仮に、ヤフオクあたりで検索してW204用のオイルレベルゲージを入手したところで、エンジン側に残留しているオイルレベルゲージが取れない…となったら途方に暮れます。

リスキーな判断はやめて、ヤナセへ行き相談しました。

サービスの担当者がエンジンルームのオイルレベルゲージの残骸を確認して、ゲージ交換が可能とのこと。在庫が無いため、オーダーすれば明日にはオイルレベルゲージが入荷すると言う。

そこで、その場でオイルレベルゲージを注文したのでした。パーツ代は高いものではありません。

オイルレベルゲージを交換

注文の翌日、再びヤナセに行き、オイルレベルゲージの交換を実施。

ところが、難問が発生…

予想外の問題

メルセデス・ベンツC200-W204-新品オイルレベルゲージ

ディーラーのサービス担当者の説明によると、オイルパンからエンジン上部へ伸びている金属製パイプ(写真上▲)内に残留しているオイルレベルゲージの除去作業が予想外に難航しているとのこと。

そこで、オイルレベルゲージを差し込む金属製パイプを外して、古いオイルレベルゲージを取り出す作業が必要との話。

作業に手間がかかったようで、1時間少々の作業の末、無事に新品オイルレベルゲージの交換が完了。

その間、ヤナセの女性スタッフが気を使っていただき、コーヒーを3杯いただいたのでした。

無事、交換完了

メルセデス・ベンツC200-W204-新品オイルレベルゲージ

結論として、今回ヤフオクでオイルレベルゲージを購入しなくて正解でした。

もし、DIYで折れたオイルレベルゲージを取り出す作業をしようとしたら、間違いなく頓挫して途方に暮れていたことでしょう。

CクラスC200の納車以来、今回が初のトラブルと言えばトラブルです。今回、ささやかなトラブルではありましたけど、これはレアケースです。

【教訓】

オイルレベルゲージを引き抜く時は、引き抜く方向に注意が必要ですね。

オイルレベルゲージ、パーツ金額

交換パーツと金額。

作業内容、部品名 数量

金額

(税込)

Oil Dipstick 1.0 3,456
合計 3,456

今回、オイルレベルゲージの交換費用はパーツ代のみ。交換作業に1時間ほどを費やしましたが作業工賃は無料でした。

何ともディーラーの親切な取り計らいに助かりました。

Special thanks!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク