カーナビ操作方法のUI比較-COMANDシステムvsタッチパネル式

メルセデス・ベンツCOMANDシステム

カーナビの操作

メルセデス・ベンツのカーナビやエンターテイメント類の各操作は、全てCOMANDシステムで操作します。

他方、日本車の純正カーナビやアフターマーケットで流通しているカーナビの多くは、タッチパネル式を採用しています。

ここで、各UI(ユーザーインターフェイス)の特徴について考えてみたいと思います。

COMANDシステム

メルセデス・ベンツCOMANDシステム

メルセデスが採用しているCOMANDシステムは、近年のメルセデスに標準装備されています。このUIについて検証してみましょう。

【メリット】

COMANDシステムに慣れてしまうと、明らかにタッチパネル式よりも操作性が上だと感じます。このUIの大きな特徴として、走行中でもドライバーの運転姿勢が変化しないところです。

右ハンドル車であれば、左手でコンソールのCOMANDシステムを操作しますから、ドライバーの運転姿勢に変化が無く、安全運転に繋がります。

COMANDシステムで、カーナビはもとより、チューナー、オーディオ、TV、DVD、車両設定等の操作ができますから、インパネのスイッチ類を大幅に減らすことができます。

また、COMANDシステムには音声認識機能が内蔵されていますから、これを使いこなすことで、操作性はより向上すると思います。

なお、この音声認識を使いこなすには、マニュアルを熟読する必要がありますね。

【デメリット】

最初、COMANDシステムのロジックに慣れるまで少々時間が必要です。

しかし、メニュー構成はWindowsと同様ですから、Windowsマシーンに慣れている方であれば、すぐに操作方法を習得できます。

もう1点は、Cクラス W204の場合、カーナビの目的地設定の画面で「名称」を入力する際、COMANDダイヤルを忙しく前後と回転方向に動かさなければならないところでしょう。このUIに関しては、タッチパネル式に軍配が上がると思います。

タッチパネル式

カーナビ

タッチパネル式は、多くのドライバーが慣れ親しんでいるUI。

【メリット】

ドライバーが違うメーカーのカーナビを操作する時でも、ある程度は直感的な操作が可能です。

しかし、どのメーカーのカーナビもUIが日本の家電製品的で、Apple製品のように直感的な操作ができません。AppleのようなUIを搭載しているナビがあれば、教えてほしいくらいです。

【デメリット】

カーナビゲーション

カーナビの設置位置にもよりますが、これは、ドライバーが左腕を前方に伸ばしてタッチパネルを操作する方式。どうしても、運転姿勢が変化しやすいデメリットがあります。

小柄な女性の場合、左肩がバックレストから離れた状態で操作することになりますから、より姿勢変化が大きくなります。

ドライバーが運転中、タッチパネルを操作すると、運転姿勢の変化によって自動車が蛇行してしまうことすらあります。(道路交通法では、ドライバーは走行中、モニターを注視してはならないとあります。)

対策として、アフターマーケットのパイオニアから、ドライバーのジェスチャーを読み取る機能が組み込まれています。

スマホ感覚のUI

アフターマーケットで流通しているカーナビの中で、スマートフォンと同様にピンチアウトやスワイプ操作が可能なモデルがあります。

スマホに慣れ親しんているユーザーにとって、これは取っ付きやすいUIかもしれません。しかし、走行中は車体が揺れていることもあり、ピンチアウトやスワイプ操作がやりにくく、ある意味危険なUIかもしれません。

このタイプのUIは、停車状態の操作が前提なのでしょう。

スマホのUIは、あくまで静的な状態での操作を前提にしていて、それを車内に持ち込むと諸問題があります。

確かに、iPhoneのUIは完成度が高いかもしれません。しかし、ドライバーは走行中、モニターの注視は不可で、ピンチアウトやスワイプ操作も難しいのです。

さて、

例えば、家庭用TVの世界では、日本ブランドは総じてUIに問題があります。

TVリモコンの操作性に関しては、日本勢は韓国LGのマジックリモコンに完敗状態です。人と機械を繋ぐUIこそ、エレクトロニクス機器の生命線であるのに、UIをなおざりにしてきた経緯がカーナビにも引き継がれてしまっているところが残念です。

AIに期待

いずれにしても、COMANDシステムとタッチパネル式のどちらであっても、ドライバーがナビを操作することで、意識が運転から離れがちになります。

AI技術をカーナビに融合させて、発音や訛りがあっても、それを認識する精度の向上が今後の課題でしょう。カーナビの機能は随分と進化したものの、UIに関してはまだまだ進化の途上だと思いますね。

[関連記事]

ドライバーが自動車に乗り込んで目的地に到着するまでに、認知、判断、操作の連続です。人は決断を繰り返す以上、間違える時があります。それを自動車側でアシストするのが理想的ながら、そこに到達していない自動車が少なくありません。その問題点とは?
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク