据え切り操舵は百害あって一利なし-拷問状態の電動パワステと電装系

メルセデス・ベンツAクラス

ショッピングモールの駐車場で、特に女性ドライバーの据え切り操舵の運転が目に付きます。

運転に不慣れな女性ドライバーは、懸命に駐車スペースに自動車を駐車しようとしていることもあって、据え切りし放題のシーンを見かけることがあります。

据え切り操舵

据え切り操舵(すえぎりそうだ)とは、車両が停車状態のまま、ステアリングを操作をすること。

死語?でもある「重ステ車」(パワーステアリング未装着車)が停車時、ドライバーがステアリングホイールを回そうとしても、簡単には動きません。

ステアリングが相当、重いです。

そこで、ほんの少し自動車を前進、または後退させることで、ステアリングホイールは一気に軽くなります。

バイクも同様で、直列4気筒400ccクラスともなると、停車中のハンドルは重めです。ところが、少しクラッチミートして前進するだけで、バイクのハンドルは一気に軽くなります。

これが素の自動車、乗り物の操舵系の特徴です。

軽自動車でも、電動パワーステアリングが標準装備の時代です。

ドライバーは停車中でも、楽々ステアリングホイールを回すことができます。これが理由で、パワーステアリングがデフォルトになってから、据え切り操舵がポピュラー?な操作になったのでしょう。

しかし、この「据え切り操舵」は百害あって一利なしです。

そこで、据え切りの問題点を書き出してみましょう。

据え切り操舵の問題点

メルセデス・ベンツCクラス-C200後期

【1】据え切り操舵は、タイヤの偏摩耗の原因

据え切り操舵を繰り返すと、フロントタイヤが偏摩耗しやすくなります。

据え切り操舵中のタイヤから、トレッド表面のゴムが無理矢理、捩じられている音が発生します。

タイヤの偏摩耗は、アライメントの狂いやオーナーの運転の癖、タイヤの空気圧管理の不備以外に、意外と据え切りが原因の場合があります。

特に、ミニバン系のタイヤは、アウターショルダー(トレッドの外側)が摩耗しやすい傾向があります。

ミニバンはボディ形状からして重心が高く、ボディのロールは致し方ありませんけど、据え切り操舵がタイヤの偏摩耗に追い打ちをかけていることも考えられます。

【2】据え切り操舵は、操舵系にとって拷問状態

ステアリングホイールを回すと、ステアリングコラムが回転し、ステアリングギヤBOX(ラック&ピニオン)が回転力を左右方向に伝達し、

ラックエンド

タイロッド

ブッシュ

ナックルに力が伝わってフロントタイヤが向きを変えます。

この時、電動パワーステアリング機構がアシストしてくれるため、ドライバーは何の苦労も無くステアリングを回すことができます。しかし、この時、各部に物凄い力が加わります。

車両重量が1.5トンのFRならば、停車時、フロントタイヤ1本に約400kgの重量がかかっています。フロント左右で約800kg。停車状態で、ステアリングホイールを回す操作は、操舵系にとって拷問状態です。

【3】据え切り操舵は、電力需要の増大の原因

EPAS(The Electric Power Assisted Steering/電動パワーアシストステアリング)の形式によっては、ステアリングホイールを回した時、瞬間的に60~80A(アンペア)以上の電流が流れます。

これは、JTEKTさんの電動パワーステアリングに関する論文です。

JTEKT ENGINEERING JOURNAL No.1007(JTEKTの論文、PDF)

JTEKT ENGINEERING JOURNAL No.1013 (JTEKTの論文、PDF)

論文によると、電動パワーステアリング搭載車の据え切り操舵の瞬間、Maxの消費電力はヘアドライヤーの電力消費に匹敵します。

エアコン、カーナビ、オーディオ、ヘッドライト、ワイパー等がONの状態で、据え切り操舵すると、車内の電力需要は一気に高まります。

もう、12Vバッテリーでは、あっぷあっぷの状態です。このような理由もあって、近年のメルセデス・ベンツはAGMバッテリーを純正採用しているのでしょう。

ちなみに、管理人はエンジニアではありませんから、細かな話は専門家にお願いします。(^^)

パワーステアリングのセッティング

メルセデス・ベンツAクラス、ステアリングホイール

管理人は今まで、重ステ車を所有したことはありません。しかし、友達の重ステ車を運転した経験は豊富にあります。

重ステ車を運転した経験がある方は、年齢的に酸いも甘いも知っているおじさん大人です。

そもそも、重ステ車のステアリングホイールは、停車状態では重く、車両が動き始めると軽くなります。

パワーステアリングのチューニングもそれに準じて、低速時はやや重めで、車両が動き始めたら軽くなる方が自然だと思います。

ところが、自動車によっては、停車中やクリープ時のステアリングホイールの操舵は軽く、車速が上昇すると、ステアリングホイールの操舵が重くなるセッティングを施してあります。

これがいいのか悪いのかは、何とも言えません。

自動車の操舵系のベースは、重ステ状態です。重ステのフィーリングを残しながら、パワーステアリングで操舵の重さを軽減したステアリングフィールこそ、機械として自然だと思いますね。

パワステとインフォメーションの関係

メルセデス・ベンツ、ステアリングホイール

峠道で重ステ車をドライブ中、アンダーステアが出た瞬間、ステアリングホイールが軽くなります。

それ以上、ステアリングを回しても「無意味だよ!」というサインです。車両にパワーステアリング機構を搭載すると、このようなインフォメーションが薄らいでしまう傾向があります。

「それで、何が悪いの?」

・・という話になりますけど、ドライバーはステアリングホイールを通して、タイヤや路面と無言の会話をしています。

これを意識しているドライバーは、少ないと思います。しかし、多かれ少なかれ、ドライバーはステアリングホイールに伝わってくる情報を無意識に感じ取りながら運転しています。

バーチャルなカーレースゲームのステアリング

ステアリングホイールのインフォメーションが少ないと、ドライバーは人工的な印象と違和感を抱きます。その極端な例は、カーレースゲームです。

ゲームセンターのカーレースゲームは、実車のようなリアルなステアリングインフォメーションが無いこともあり、バーチャル感が強くなります。

カーレース、シミュレーター

メルセデス・ベンツ日本のオフィシャルサイトにアクセスして、メルセデス・ベンツのラインアップを閲覧すると、多くの車両には、電動パワーステアリングが搭載されています。

これが時代のトレンドです。

メルセデスの電動パワーステアリングは、流石に上手く作り込まれていると思います。油圧パワーステアリング搭載車から乗り換えても、違和感を抱くことはほとんど無いでしょう。

あと、路面の情報がステアリングホイールを通して、適度にドライバーに伝わってくる印象を受けますね。

[関連記事]

近年のメルセデス・ベンツのバッテリーはAGMバッテリーが標準仕様。従来の12VカーバッテリーとAGMバッテリーの違いとは?寿命を迎えたベンツのバッテリーを交換する際の注意点とは?気になるバッテリー交換の費用、価格について詳細はこちら!
走行中、自動車の12Vカーバッテリーは適切に充電されています。しかし走行頻度が少ないと、徐々にバッテリーは放電し、最悪バッテリーが上がります。そこでメルセデス・ベンツのバッテリー上がりの予防&防止対策、上がってしまった場合の手軽な対処方法とは?
スポンサーリンク