ニットータイヤはドレスアップ派に最適-種類,価格,評価,評判は?

NITTO - ニットータイヤ

タイヤメーカーのブリヂストンやヨコハマタイヤ、ダンロップ、ミシュランあたりは有名どころ。

ところが、タイヤ業界の方や情報通を除いて、NITTO/ニットータイヤというタイヤメーカーの知名度は今一つの感があるのが正直なところ。

例えるならば、時計メーカーのセイコーとオリエント時計のような関係。誰もがセイコーを知っているものの、オリエント時計は知る人ぞ知る時計メーカーかもしれません。

日本のマーケットでは、NITTOのブランド力はトップクラスとは言い難いものの、そもそもNITTOの主戦場は日本ではなく海を渡ったアメリカ。

NITTO/ニットータイヤ

サンフランシスコ

NITTOブランドの生みの親である日東タイヤ株式会社は1949年に創業のタイヤメーカー。1979年、日東タイヤ株式会社は東洋ゴム/トーヨータイヤの傘下に収まり、主にアメリカ合衆国でNITTOブランドを展開してきた歴史があります。

アメリカの自動車マーケットには、独自のカスタム文化があることもあり、NITTOの主戦場はアメリカ。NITTOタイヤからカスタマイズカーやSUV、ラクシュアリーカーと西海岸のイメージが漂ってきます。

ニットータイヤは有名ブランドのように市場に流通していないこともあり、ネット通販での入手が一般的。タイヤの販売サイトはこちら。

オートウェイ

NITTO/ニットータイヤの特徴

NITTOの特徴は何と言っても、トレッドパターンの独自性と言えます。幾何学模様的な溝がタイヤのトレッドに広がり、ニットーのデザイン&エンジニアはいったいどんな発想でトレッドをデザインしたのか質問したくなるほどの独自路線を歩んでいます。

セイコーはブランディング的に独創的なデザインの時計を製造販売できないものの、オリエント時計なら可能。そんな関係がトーヨータイヤとNITTOの関係と似ているような気もします。

NITTOタイヤの性能

ニットータイヤのトレッドパターンは他のタイヤメーカーとは一線を画すもので、唯我独尊的なメーカーと言えます。だからこそ、ニットーはアメリカのコアなファンから支持を得ているのでしょう。

NITTOのラインアップには、アグレッシブで走りを予感させるモデルもあります。

ところが、ニットータイヤはモデルによっては、静粛性と乗り心地の良さが評価されています。ネット検索すると評判はモデルによって様々。

なお、NT555とNT555 G2はトレッドパターンからもスポーツタイヤ寄りのため、パターンノイズとロードノイズはコンフォート系に譲ることになります。NT555は廃番のため、国内在庫のみで販売終了。

NITTO/ニットータイヤのラインアップ

ニットータイヤのラインアップはNT830を除いて、17インチ以上の大径タイヤが多いのが特徴。

日本の有名ブランドタイヤと比較して、ニットータイヤは買いやすい価格帯。日本ブランドでドレスアップを狙うのであれば、選択肢にニットータイヤを入れてみるのもタイヤ選びの一つかもしれません。

INVO(プレミアムタイヤ)

タイヤサイズ:17~22インチ

太い2本のストレートグルーブに幾何学模様とも感じるトレッドは他に類を見ないデザイン。これこそニットータイヤの世界であり、ニットーの真骨頂とも言えます。

17インチタイヤのスターティングプライスは16,000円台から。22インチが43,000円台から。

NEOテクGEN(プレミアムタイヤ)

タイヤサイズ:18~22インチ

NEOテクGENのトレッドパターンも独創的。

太い2本のストレートグルーブと細いストレートグルーブの間に挟まれたトレッドに波が押し寄せているようなトレッドパターンが目を引きます。有名ブランドタイヤやアジアンタイヤでも、このようなトレッドパターンをまず見かけません。

モーターショーのコンセプトカーが履いているようなトレッドパターンはドレスアップ派にとって気になる存在かもしれません。NEOテクGENを履くなら、是非ともインチアップしたい。

18インチタイヤのスターティングプライスは約15,000円。22インチが22,000円台。

NT555 G2(プレミアムタイヤ)

タイヤサイズ:17~22インチ

NT555 G2はNT555の後継モデル。

5本のストレートグルーブから鋭角的に立ち上がっている各ブロックはエッジが効いていて、スポーティーなデザインに仕上がっているのが特徴。

17インチタイヤのスターティングプライスは11,000円台から。22インチが20,000~24,000円台。

NT830(コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ:15~18インチ

4本の太いストレートグルーブと1本の細いストレートグルーブが排水性能を確保し、細い横溝が彫られたトレッドはサイレントタイヤで名高いBSレグノを彷彿とさせるデザイン。

あたかもガンダムシリーズのモビルスーツのエッジ感をタイヤで表現したようなデザインは他に類を見ません。

NT830のトレッドからパターンノイズを抑えたタイヤ設計であることがリアルに伝わっていきます。

15インチタイヤのプライスは7,000円台。18インチが17,000~23,000円台。

※ニットージャパンのYouTube動画に出演の山路氏は2014年5月25日に永眠されました。ご冥福をお祈り致します。

NT420S(コンフォートタイヤ For SUV)

タイヤサイズ:20~22インチ

NT420SはSUVをターゲットにしたモデル。

トレッドパターンを眺めると、猛禽類の鋭い嘴(くちばし)と鋭い爪、羽をトレッドに表現したようなデザイン。磨き上げたSUVのボディに太陽光や夜のネオンが反射するシーンが似合いそうなタイヤ。

20インチタイヤが約30,000円。22インチタイヤが35,000円台から42,000円台。

NT421Q(プレミアムタイヤ For SUV)

タイヤサイズ:17~20インチ

NT421QはSUVをターゲットにしたモデル。

3本のストレートグルーブの間に小ぶりなブロックと幾何学模様が融合しているようなトレッドパターン。NT421QはNT420Sより静粛性を高めたモデル。

17インチタイヤのスターティングプライスは12,000円台から。20インチタイヤは18,000円台から44,000円台。

TERRA GRAPPLER(オールテレーンタイヤ)

タイヤサイズ:17~20インチ

A/TオールテレーンタイヤのTERRA GRAPPLERはオンロードからオフロードまで、幅広い路面でグリップ力を発揮。

パターンノイズが思いのほか静かというレビューが多いのがTERRA GRAPPLERの特徴。

なお、これらのタイヤをネットで購入する際、送料は1本1,000円(税別)(沖縄県を除く)。各モデルの在庫確認はこちらから。

オートウェイ

タイヤ交換作業の心配は不要

タイヤを持ち込んで交換作業を受け付けてくれる取付店が随分多くなりました。ネット通販で購入したタイヤの取付店はこちらで調べることができます。

交換工賃等は、ご希望店にメールでお問い合わせください。

Goo Pit

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク