中古タイヤ&アルミホイールの処分に困ったら、買取専門店で無料査定

タイヤ&アルミホイール

処分に困るタイヤとアルミホイール

タイヤ単体やタイヤとアルミホイールセットは保管のための場所を取りますし、ほとんどの自治体は回収してくれません。

自動車を買い換える時、インチアップしたタイヤとホイールセットやスタッドレスタイヤとホイールセットを処分する必要に迫られます。

タイヤとホイールの廃棄処分方法と費用

タイヤ単体やタイヤ&ホイールセットは、次の店舗で引き取ってくれることが多いです。

・タイヤ販売店

・ガソリンスタンド

・カー用品店

・自動車販売店

廃タイヤ単体の処分料

廃タイヤの処分料は、1本あたり300~500円(税別)が目安になるでしょう。

各店舗は、廃タイヤの専門業者に回収を依頼していますから、タイヤサイズによって処分料に違いがある場合があります。

廃タイヤとホイールセットの処分料

タイヤにホイールが付いている場合、業者はホイールからタイヤを外す作業が必要で、別途、工賃がかかります。これは500円(税別)ほどが目安になるでしょう。

タイヤとホイールが1セットで、処分料と工賃で1,000円前後が目安です。

アルミホイールの場合、お店がリサイクル可能の理由で若干の買取価格を提示してくれるかもしれません。但し、買取と言っても数百円程度。

タイヤとホイール4本セットを処分するためには、大雑把に全部で4,000円前後の費用がかかると見ておいていいでしょう。

タイヤ&ホイールの買い取り業者

そこで、お金を払ってタイヤとホイールを処分する前に、タイヤの買取業者に買取査定を依頼するのも手です。

タイヤを処分するには、費用も手間もかかりますし、もったいないですよね。

 買取業者の査定は無料です。タイヤが4本セットではなくても、問い合わせてみる価値は十分あります。

 タイヤの買取値段が付かない場合、無料で引き取ってくれる可能性があります。

お金を払ってタイヤとホイールを処分することを考えれば、無料でもお得ですよね!

次に説明しますけど、買取業者へタイヤを送る際の送料は無料です。

旬があるタイヤとホイール

タイヤが保管状態であっても、年数経過と共にゴム質が徐々に硬化していきます。また、自動車はモデルチェンジを繰り返していきますから、適合するホイールも変わります。

もし、使う予定が無いタイヤ、タイヤ&ホイールセットがあれば、なるべく早めに買取業者に査定を依頼することで、お得な価格が付く可能性もあります。

善は急げですね!

タイヤ単体、タイヤ&ホイールセットの売り方

タイヤとアルミホイールセット

No1 タイヤ&ホイール買取業者の「査定フォーム」から個人情報、売りたいタイヤやホイールの情報を入力します。こちらから。

タイヤ買取ナンバーワン

No2 売りたい商品の写真を添付します。(スマホの写真でOK)

※できればタイヤ、タイヤ&ホイールセットを水洗いして、鮮明な写真を添付した方が買取業者の査定がスムースに進みます。

No3 売りたいタイヤ単体やタイヤ&ホイールセットの希望価格を入力します。

No.4 買取業者から梱包キット一式が送られてきます。

(同梱書類)

・梱包説明書

・買取同意書

・買取同意書(記入例)

・専用着払い伝票

・返信用封筒

タイヤ、タイヤ&ホイールセットを梱包し、専用の着払い伝票を貼り付けて、運送業者に集荷を依頼します。

 送料無料!

No.5 入金を待つ(商品到着後、2~3営業日以内の手続き)

 買取業者の査定費用は無料です。

下段のバナーをクリックして、リンク先ページで

「スマホ」の場合、画面上部の【査定を依頼する】ボタンをタップ。

「PC」の場合、画面上部の【無料査定】ボタンをクリック。

画面の指示どおりに必要事項を入力していくだけです。

こちらから。

タイヤ買取ナンバーワン

[関連記事]

ハンコックはDTM(ドイツツーリングカー選手権)にタイヤを独占供給してきた実績からも、レースの世界で知られたブランド。ハンコックタイヤはメルセデス・ベンツGLCやMINIクーパーに純正採用され、これがタイヤ業界の将来を暗示しているような気がします。
通販専門店で中古タイヤ、中古スタッドレスタイヤ&アルミホイールセットを買うメリットは何といっても激安価格。全品パンクチェッカーでパンクとエアー漏れ点検、性能検査、洗浄済の中古タイヤなら安心できます。新古品やアウトレット品も見逃せません。
2017-2018メルセデス・ベンツのおすすめスタッドレスタイヤを3メーカー/ブリヂストン,ヨコハマ,ミシュランから価格を含めて比較!どのスタッドレスタイヤも氷上性能を強化。スタッドレスの選び方と交換で迷ったら、おすすめスタッドレスはこれ!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク